[라커룸 in 도쿄] 「ストリクトKゾーン」が満開…カン・クァンホ審判「日本語力が足りない」

2日目は東京オリンピックの日米第1戦が行われました。 試合を見たジャーナリストは、放送画面で見慣れた顔に気づいた。 主人公はベテランKBOリーグの審判カン・クァンホだった。 NCダイノスジンソンカンの父として有名なカン裁判官は、KBOと大韓野球協会の推薦を受けて審判として東京オリンピックに出場する。

カン裁判官は、KBOリーグの基準による「ハードKゾーン」としての試合の議論の中心でした。 日米の投手は、カン裁判官の厳しいボール決定に呆然とした。 洗練されたコントロールで知られる日本の投手は、ストライクだと思ったボールがボールと判断されたとき、戸惑いを隠すことができなかった。 タイトなストライクゾーンでは、真ん中にボールが溜まり、激しい打撃戦が繰り広げられました。 審判は試合を通して一貫していたので、どちらのチームにも不満はありませんでした。 両チームのコーチとのベンチでのボールの決定に不満を抱くのは難しい。



日本は延長戦の終わりに7-6で勝利し、韓国と日本の間の準決勝が完了しました。 SBSの記者は、試合の裏話を聞くためにカン裁判官に連絡した。

カン・カンホ裁判官は、日米試合の審判に任命されることを期待していなかったことを初めて告白した。 「英語が苦手なので、審判は出ないと思っていたが、試合前日、日米試合の審判に任命された。笑いながら、「KBOと同じようにゾーンを設定することにしました。 厳しいレビューもありましたが、ある意味では良い評価ではありませんでした」と彼は笑った。

私たちの代表チームは、イスラエルとの最初の試合から審判のフロントコートに苦労しました。 特に、ドミニカ共和国との試合では、審判は寛大にウィンガーを判断し、コントロールでプレーしていた44歳のスターバルデスと戦った。 ドミニカ共和国との試合中にウォーミングアップをしていたパク・コンテ氏は、記者団を見るやいなや、「ストライクゾーンが崩れすぎていると思う。適応が難しい」と語った。 国際大会でレフリーのフロントコートに適応するのは当然ですが、一貫性の欠如については何もする必要はありません。

カン・クァンホ審判は「この大会の審査員の構成を見ると理にかなっている」と語った。 「所属するすべての国の審判に聞いた。アメリカの審判にメジャーリーグに所属しているかどうか聞いたところ、ノーと答えた。ほとんどが低レベルのマイナーリーグか独立リーグの審判だった。攻撃しているので、ゾーンを判断している。可能な限り一貫して。しかし、独立したリーグの審判はそれによる影響が少ない。ゾーンは大きくなるはずであり、一貫性は必然的に欠けているようだ。」

韓国は明日(4日)19:00に日本と対戦し、決勝に進出します。 早朝にコンビニに行って新聞をチェックしたところ、表紙には昨夜の勝利のニュースと日韓戦争の話が満載でした。 日本の先発は山本由伸。 山本は今シーズン、オリックスとの日本のプロ野球16試合で9勝5敗、ERA1.82を記録した。 彼は日本代表の真のエースと見なされており、ドミニカ共和国との最初の試合で2ヒット、1ウォーク、9三振、無得点の6イニングを記録した後休憩しています。

更衣室Sクァンヘカン

カン・クァンホ裁判官は、日本の強さは手ごわいものではないと判断した。

「日本の歴史は全体的に良いと思う。投球の傾向を見ると、勝ったブルペンチームは早く勝つ傾向がある。ピッチが良いので、待つと不利になると思う。フィールドは徐々に落ちていった。だから彼はボールチェンジをたくさんしていました。速いピッチャーとは異なり、打者は一生懸命待っていたので、昨日の試合は時間がかかったようです。 140km以上のスライダーを持ったアメリカ人投手の忍耐力を見るのは印象的でした。

次の試合の割り当てを待っているカン・クァンホ審判は、最後と第2戦まで最善を尽くすと語った。

「昨日日本が勝ったからだと思うので、日本の役人やボランティアが親指を立てて挨拶し、暴動はなかった。
アスリートと同じように、私も国を代表してオリンピックに来たと思います。 条件は非常に厳しいですが、最後まで頑張ります」。

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。