[분석리포트] 日本は、2022年にアグリフードトレンドのトレンドを発表しました

日本の農業新聞は、農業と家畜の動向を調査する中で、2022年の販売キーワードを発表しました。 そもそも入ったばかりの「サステナビリティ」であり、持続可能な開発目標(SDGs)やエシカル消費の重要性が増す中、環境などの社会問題を解決する製品が注目されています。

特に、このトレンドは若者を惹きつけるテーマとなるはずです。 一部の企業は、持続可能性に代わる高付加価値を求めており、「農業生産は低価格政策(卸売米)だけでは持続できない」と述べています。 また、地産地消を行う「地産地消・国産」など、消費に付加価値をつける傾向が強まっています。

コロナ19の状況が続く中、キーワード「新冠への対応」は7位に落ちましたが、「安全と保護」は2位、「健康(機能性)」は5位で、いずれも前年より上位にランクインしました。 高いほど高いことがわかります

さらに、「インターネットと宅配便の取引」などのオンライン市場は成長を続けています。 価格上昇による供給不安や石油価格上昇による物流不安など、供給安定性の低さに対する業界の懸念も4位、8位の「物流」がキーワードになっている。 それを考慮して

日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」は、ウィズコロナの状況下で2022年の食品トレンドを予測・発表しました。 近年、既存の料理や食材を新しい味や食感で楽しむ傾向が強まっています。

乾燥豆腐(豆腐干)

固く圧縮して脱水した豆腐で、中国や台湾では主に煮込みや炒め物に使われています。 綿の代わりに細かく切ったものを使用することができます。 近年、健康への関心が高まる中、低炭水化物・高タンパク食品として注目されています。 乾燥豆腐は味が濃くないので、どんな料理にも使いやすいというメリットがあります。

フォークビンダル

スパイシーで酸っぱいインドのカレー。ポルトガルからインド西海岸のゴア地方に受け継がれ、ゴアの名物として知られています。 もともとは豚肉をワイン酢とにんにくで煮込んだ一品でしたが、放送の過程でカレーになりました。 人気のカレーの中でも「酸味」のある新しいアラカルト料理として登場しています。

ハーフカノーリ

1990年代後半に人気を博したカンノレが再び活況を呈しています。 クラシックに加えて、装飾やフレーバーが追加された新しいカノーリが次々と登場します。 このうち、「セミボリチカノーリ」は「セミボリタチーズケーキ」「セミボリタカステラ」に続いてセミボリタブームを引き起こすと予測されています。

モクテル

イギリス発祥のノンアルコールカクテルの総称。 「似ている」「まねる」を意味する「偽物」と「カクテル」を組み合わせた造語で、ノンアルコールカクテルを無料で楽しみたいという発想から生まれました。 若者の飲酒文化が浅いノンアルコール水に変化する中、モクテルブームが予想されます。

デュカ/デュカ

ブームを巻き起こした「ハリッサ(チュニジアチリソース)」を皮切りに、中東での調味料の人気が高まっています。 なかでも「Ducca」は今や利用者が増えている。 ナッツ、クミン、コリアンダーなどのスパイス、塩が絶妙なバランスでまとまっているので、サラダやお肉にまぶすとエスニック料理になります。

ソース。 で <2022 Global Village Report n. 118>

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。