[영상] 日本のネチズン「過去はただの過去」-記者ソン・ジス

韓国の娯楽やスポーツ界では、学校での暴力で批判されています。 一方、近くと遠くの国である日本はどうでしょうか。 日本では、学校でいじめられたと言う恋愛中の人もいますが、一般の人がそうしていると批判されることはめったにないようです。

その中で、在学中にやったと言った有名な日本の有名人を紹介します。 一人目は俳優の阿部寛です。

「私はかつて非常に臆病ないじめっ子でした。 私は公にいじめの標的を見つけました。 学校の近くの理髪店の息子がいて、目の前の教室に入るのが面倒です。 私の家よりも近いので、早く到着するのは当然ですが、何かがおかしいです。 明日から、あなたは教室の敷居に留まり、私たちに会うと脅しました。私たちが最初に「」に入ったのです。

日本の校内暴力






日本のネット市民はこれに反応し、オールラウンドなスポーツで人気があったので、このレベルは許されるという失礼な点があるかもしれないと言った。 二つ目は才能あふれる山田まりやです。

「私が中学生のとき、私たちのグループには女の子がいました。 彼はバレーボールクラブのメンバーなので、大きく、私たちのグループのリーダーです。 些細なことについては、「その男を無視してください!」のような注文を送ってください。

彼が中学校を卒業する6か月前に、その小さな男の子はどういうわけか学校を休んだ。 それを「チャンス」と呼んでください。 同僚を集めて反撃の準備をしようと思った。 彼女も落ち込んでいて、私たちは彼女を無視しました。」この点で、日本のネット市民は、彼らが今反省しているので、それは大丈夫だと思いました。

3番目のエンターテインメントショーは松本人志です。 「ある日、いつも私に嫌がらせをしていた同級生が別れのメモを書き、自殺を称賛しました。 意志は読む:’私はいつも学校に行き、いじめられます。 松本はいつも私をトイレに連れて行ってくれて、パンチのシャワーを浴びてくれます。 学校に行くのはもう楽しくないので、私はこの世界から姿を消したいと思っています。

同級生のところに飛んだり、頭を殴ったり、殴ったり、おもちゃのように扱ったりした」と語った。 。

過去に学校でいじめられたことのある有名人については、日本人は過去は過去であり、昔ながらの話をしている雰囲気があると答えています。 この点で、韓国のネチズンは、校内暴力にもかかわらず話すことができなかったとして日本の娯楽産業を批判しました。
レポーターソンジスreporter@topstarnews.co.kr

<ニュース無断でYouTube動画を制作することは禁じられています。 発見されると、民事および刑事訴訟が開始されます。>

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。