[우주산업 리포트] 米中紛争を利用した日豪の空間拡大:東アジア科学

米国が2024年までに宇宙飛行士を月に送り返すアルテミスプロジェクトを進めており、カナダと日本がそれに続くため、日米の宇宙同盟は強化されています。 ワシントン=レポーターパクグンテクンタ@ donga.com

米国と中国の間の覇権争いがますます激化する中、日本とオーストラリアは宇宙産業の強化を目指しています。 米国側を支持することと引き換えに、米国からの宇宙開発への強力な支援を必要とするギブアンドテイク戦略は、両国が追求している共通の戦略です。

北東アジアにおける米国の主要なセキュリティパートナーである日本は、NASA主導のアルテミス月探査プロジェクトを通じて、2020年代の終わりまでに日本の宇宙飛行士を月面に着陸させることを目指しています。 達成されれば、日本は米国に次ぐ世界で2番目に月に市民を上陸させる国になるでしょう。

オーストラリアは、中国の南部航海を阻止する最前線で、その領土の発射場からNASAのロケットの多くを発射することを望んでいます。 そして、それを通じて得られた評判を利用して、彼らはオーストラリアを世界的なロケット打ち上げの拠点にしようとしています。 オーストラリアでのこの欲求は現実のものになりつつあります。

NASAは、6月にオーストラリア北部のアーネムランドにある商用ロケット発射場から研究用ロケットを発射する予定です。 計画通りに打ち上げられれば、それは米国外の商業発射場からのNASAの最初のロケット打ち上げとなるでしょう。

の署名

署名された国際アルテミス協定(2021年5月)は、オーストラリア、カナダ、日本、ルクセンブルグ、イタリア、英国、アラブ首長国連邦、ウクライナ、韓国を含む10か国が署名しました。

日本とオーストラリアの間のこの「ギブアンドテイク戦略」は、政府の外交戦略が宇宙開発に関連する産業を促進する上で技術開発と同じくらい重要であり、韓国に多くの影響を与えることを示す例です。 オーストラリア宇宙庁のエンリコ・パレルモ委員は最近、地元のマーキュリーメディアとのインタビューで地元メディア「マーキュリー」にインタビューし、彼が支援のファシリテーターになるだろうと述べた。

パレルモ氏は、2022年に開催されるオーカスとクワッドの会議で、「宇宙は議論の最優先事項になるだろう」と述べた。 彼は続けた:「オーストラリアが今後5年以内に有人宇宙船を打ち上げることができるように努めます。」 有人宇宙船の打ち上げに関するパレルモ長官の発言は、米国へのメッセージのようです。

サイエンスドンガDB

現在、有人宇宙船を打ち上げることができる国は、薄いため、米国、中国、ロシアの3か国です。 日本は、米国の対中政策との協力と引き換えに、宇宙飛行士に米国の月面宇宙船への搭乗を求めているようだ。

日本はクワッドの加盟国であり、昨年から中国を封じ込めるための多国籍協同組合に積極的に参加しています。 日本の岸田首相は先月28日の国家宇宙開発戦略本部会議に出席し、「1920年代末までに日本の宇宙飛行士を月に昇進させる」と述べた。 日本にはまだ有人宇宙船を打ち上げる能力がないため、当時は観測が国際的な話題になりました。 岸田首相の発言は、日本の改訂された国家宇宙マスタープランに関する議論の最後にあり、「月面着陸する日本の宇宙飛行士」は、改訂された日本の宇宙マスタープランに含まれていました。 提案された修正案には、日本の宇宙飛行士を月に着陸させる時期や方法に関する具体的な詳細は含まれていません。 ただし、「日本はNASAのアルテミス計画に引き続き協力する」という内容に関連していることを考えると、宇宙飛行士の月面着陸はアルテミス計画に関連していることがわかります。

日本の三菱重工業は25日(現地時間)に、米国ワシントンDCで開催された国際宇宙会議で現在開発中のH-3ロケットをアップグレードして月に行くと発表しました。 三菱重工業提供

日本の三菱重工業は、2019年10月にワシントンDCで開催された国際宇宙会議でH-3ロケットをアップグレードし、月探査を開始すると発表しました。三菱重工業から供給されました。

NASAはまだ修正に対応していません。 日本の宇宙飛行士が日本の意図に従って月に着陸するように昇進した場合、実際の着陸時間は2026年から30年の間になる可能性があります。 これは、アルテミス計画で打ち上げられるNASA宇宙船に搭乗する宇宙飛行士の所属と国籍が、2025年までにすでに確認されているためです。

今年推進されたアルテミス1号のミッションでは無人宇宙船が使用され、2024年に打ち上げられる予定のアルテミス2号のミッションで使用された有人宇宙船は、月を周回した後、NASAの宇宙飛行士3名と1名で地球に帰還します。カナダ宇宙庁の宇宙飛行士。 アルテミス計画の最初の月面着陸は2025年に予定されており、宇宙船に搭乗している2人の宇宙飛行士は両方ともNASAに所属します。

日本の民間宇宙会社iSpaceは、米国の月探査プロジェクトであるアルテミス計画に参加すると発表した。  iSpaceが開発した月着陸船のHakuto-Rモデルは、2019年10月25日に米国ワシントンDCで開催された国際宇宙会議で展示されています。ワシントン=レポーターPark Geun-tae kunta@donga.com

日本の民間宇宙会社iSpaceは、米国の月探査プロジェクトであるアルテミス計画に参加すると発表した。 iSpaceが開発した月着陸船のHakuto-Rモデルは、2019年10月25日に米国ワシントンDCで開催された国際宇宙会議で展示されています。ワシントン=レポーターPark Geun-tae kunta@donga.com

※Dong-AScienceは、米国の宇宙メディア、宇宙ニュース、海外の宇宙産業の動向、宇宙分野の主要な問題を取り上げた週刊セクションを用意しています。 韓国ではアクセスが難しい世界の宇宙産業の動向や動向について、詳細な情報を提供する予定です。 SpaceNewsのソウル特派員であるParkSi-sooは、2007年に英語の新聞Korea Timesに加わり、社会、政治、経済の各省庁を通じてデジタルニュースチームの責任者を務めました。 彼は韓国ジャーナリスト協会の国際関係小委員会の委員長を務め、2021年にアメリカの宇宙メディアであるスペースニュースに参加し、ソウルで特派員として働いています。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。