[월드리포트] 8000万の倉庫にある日本の「阿部マスク」…「政治の失敗」の否定

「布製マスク」の無料配布は、昨年初めにコロナウイルスの蔓延により変動した日本政府が、急増するマスク不足に対応する方針を打ち出した方針でした。 春に花粉症に悩む人が多く、マスクを着用することが比較的多い日本では、コロナ感染への不安が「恐怖」にまで広がり、マスクの市場在庫が拡大しました。

この布製マスクは、当時の安倍晋三首相にちなんで「阿部マスク」と呼ばれ、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」にちなんで「アベノミクス」と呼ばれ、大人には大きすぎて鼻や口を覆うことができませんでした。小さいことや、パッケージ内やマスクの表面に異物が見つかることもあるという苦情など、多くの問題がありました。 市場ではマスクが不足しているため、各家庭に2枚ずつ複数回洗える布製マスクを配布する方針でしたが、洗えるマスクはコロナの予防にはあまり効果がないという批判もありました。 この布製マスクの配布方針は、安倍政権のコロナウイルス対応プロセスの代表的な失敗として指摘されており、国内だけでなく海外でも嘲笑されている。



日本政府は当初、「安倍マスク」の配布を促進するために466億円(5200億ウォン)を費やすと発表し、「マスクを配布するためにその金額を使わなければならないだろう」と批判された。効果がはっきりしない布?」 それ以来、予算投入額は半減して約260億円になりましたが、政府は年初にマスクの個別単価やメーカーごとの注文数量を詳細に公表していなかったため、一部の企業は業界との共謀の可能性さえも高まりました。

しかし、昨年、韓国の監査事務所に相当する日本会計検査官による日本政府の王冠対応政策の監査の過程で、これらの「阿部マスク」のうち8200万個がまだ民間倉庫に残っていることが明らかになった。 本日(27)日本経済新聞の表紙(27)によると、昨年3月まで配布されなかった「阿部マスク」は8200万ドルの現金で、換算すると115億円(1200億ウォン)に相当する。私たちのお金で)。

当初、日本政府は、全国の住宅への配布用に1億2000万部、老人ホームやデイケアセンターへの配布用に1億4000万部を含む、合計2億6000万部をメーカーから購入しました。 マスクを着用した昨年8月から監査人が実情を確認した今年3月まで、民間倉庫だけでの保管費用は6億円以上で、韓国ドルは60億ウォンだった。

日本政府は本日の記者会見で、大量の布製マスクがまだ倉庫に保管されていると報告していることを認めました。 5日後の衆議院総選挙の選挙運動に携わった松野官房長官を代表して記者会見に出席した磯崎磯崎官房長官は、「昨年初めにマスクの不足に直面したコロナ感染。一方、洗浄可能で再利用可能なマスクの配布は、通常のマスクの需要を抑えるための適切な代替手段として認識されている」と述べた。 保証金の3分の1が分配されていなくても、政府が預金の費用を負担するのは不適切かという質問に対して、「分配金はすべて家族に分配されているが、介護の場合は保育施設も流通に移行しているので、公的調達自体に問題はありません。」 昨年夏、日本でのフェイスマスクの不足はある程度解消され、布製マスクに頼る必要がなくなった看護師は、配布を申請せず、在庫を積み上げてきたとの見方もある。それは「大量在庫状況」です。政府はそれに対して責任を負いません。

しかし、結果として、「安倍マスク」は、最初から最後まで、日本政府の「善悪」の王冠政策の象徴であり続けるように思われる。 昨年初めにマスクの戦いに身を投じた一般市民の不安を和らげるために急いで作ったが、感染予防効果で十分な反応が得られなかった。不明。 避けるのが難しいからです。 日本経済新聞は、日本会計検査院が来月発表予定の2020年度の監査報告書にこの監査結果を盛り込む予定であると報告し、担当省の厚生労働省に支払いを求めている。予算の正しい実行に注意してください。

(写真=ゲッティイメージズコリア)

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。