[인사] 大元製薬幹部の定期的な昇進スタッフ-現代健康新聞

コロナ19、11週間ぶりにダウン…ステルスオミクロンが支配

チョン・ウンギョン委員は「60歳以上は死亡の危険性が高い」と述べた。 ステルスオミクロンオミクロンの増加により、ピーク後もわずかに低下する可能性
[현대건강신문=여혜숙 기자] 感染症COVID-19の蔓延は、11週間ぶりに減少に戻りました。 しかし、確認された症例数は依然として多く、目に見えないオミクロンが優占種となるため、急激な減少は見込めません。 疾病管理庁(KCDC)は28日、毎週の流行の傾向とCOVID-19感染症の定期的な引き裂きによるリスク評価の結果を発表しました。 3月の第4週に韓国で確認された症例数は約246万人で、1日平均35万人でした。 1月の第2週から増加が続き、感染再現率が1.01に低下した後、11週間ぶりに減少しました。 チョン・ウンギョン委員は、「予防接種率が低く、予防接種の頻度が高い学齢期では、すべての年齢層で発生率がわずかに低下し、依然として高い」と述べた。 症例の45万人、または45万人の高齢者が確認されており、将来の深刻な深刻さと死亡のリスクは非常に高い」と彼は警告した。 特に、3回目の予防接種後は時間の経過とともに感染予防効果は低下しますが、重症・死亡の予防効果は80%以上にとどまっているため、予防接種は依然として重要な予防策であると説明しています。 3月4日の週に、1,093人の新たな重篤な症例と2,516人の死亡が記録されました。 チョン委員は、「年齢層別では、80歳以上の累積死亡率は2.8%で、60代の15倍だ。死亡率の因子分析リスクは、死亡リスクがワクチン未接種の高齢者や基礎疾患のある人の間ではまだ非常に高いです。ワクチン接種を受けていない人や60歳以上の人の中で最初の投与を受けたばかりの人の4%と非常に低いですが、死亡の40%が発生します。チョン委員は、「ワクチン接種の分析効果は、3回目の投与がワクチン未接種の人々と比較して97%重篤になるリスクを減らすことを示しています。 ワクチン接種をお願いします。「もう一度促しました。現在、国内感染と輸入症例ともに国内ミクロン型変異の検出率は100.0%です。また、今週はオミクロンBA.2ストレスの国内感染の検出率が上昇しました。優占種である56.3%に達し、海外からの輸入件数は71.1%と確認されました。国内での流行が続いていることから、集中治療室や在宅医療機関の稼働率は依然として高く、医療システムに負担をかける。集中治療室の利用率は66.3%、半集中治療室の利用率は69.1%と依然として高い。チョン委員は「集中治療医療機関の利用率はに起因して、在宅ケアは前週と比較して減少しました ICU医療機関やICUグループの変化は増加しているが、発生率が高いため、在宅治療を受ける患者数が増加しており、医療機関の負担が続いている。 3月23日までに国内外の研究者が行った将来の発生予測の要約の結果、ほとんどの研究者(11機関中9機関)がエピデミックのピークを過ぎて減少傾向に入ると推定されました。 ピーク後の減少については、研究グループ間で大きなばらつきがあるため、11人中6人の研究者が2週間以内に30万人を下回ると予測し、7機関中4人が4人以内に20万人未満に減少すると予測した。しかし、将来的には注意深い観察が必要だと彼は言った。 また、4月の重症患者数は減少傾向にあり、最大で1,300〜1,680人となる見込みです。 チョン委員は、「国内外の研究者が定期的に流行状況をモデルに反映しているため、予測結果が変わる可能性が高いが、流行状況に備えて対応するために予測結果を参照している。地下鉄はすべて分類されている」と述べた。 「非常に高い」として、集中治療室などの医療の負担は依然として高い。「60歳以上の確定患者の割合は増加し続けており、看護病院や老人ホームに集中する感染症の数は減少している。 、しかし、発生し続けており、死亡者数が増加し続けるリスクがあります。会議と停滞したワクチン接種参加率」と彼は付け加えた。 また、確定症例数が減少しても、長期にわたるエピデミックの影響により、重篤な症例数や死亡数は長期的に増加することが見込まれます。 政府は、病院や介護施設などのリスクの高い施設の管理を強化し、能動免疫管理などを通じて、リスクの高いグループでの重篤な病気や死亡の発生を最小限に抑えることに力を注いでいます。 さらに、「保健センター-脆弱な感染施設」と公衆衛生センターのオンサイトチームとの間にホットラインが組織され運営されており、確認された症例のグループに迅速に対応し、迅速な治療を提供し、コホートを隔離し、患者をすぐに危機的な状況。 高リスクグループ向けの「迅速な診察・治療・入院制度」を整備することで、重篤な疾病・死亡の予防に注力していきます。 60歳以上の高リスクグループは、公衆衛生センターでのPCR検査後の在宅治療に容易に結びつき、病院や診療所への訪問者は、専門家向けのRAT検査の直後に食べる薬を処方するように集中的に指示されます。 また、ナーシングホームや60歳以上の人など、感染しやすい施設で4回目の予防接種を行うことで予防接種率が上がる一方で、免疫力が低下している免疫力の低下した人への予防抗体療法の導入も検討しています。

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。