[전복선의 Hospitality Management in Japan] ホテルではありません

最近、ホテル技術をベースにしたビジネスモデルが注目されています。 Hotel Techは、一連の投資、運用、および利益管理プロセスのテクノロジーベースの形式を指します。 アマゾンが人工知能、ロボット、プラットフォームを使用して注文、ロジスティクス、配送を処理するのと同じように。 今回は、最近ホテル技術に注目されているビジネスモデルのパイオニアとして、「ホテルではなくホテル」を目指す「NOTAHOTEL」を紹介します。

テクノロジー、ホテル業界の未踏のセクター

工業高校(韓国では高校と2年生の学部課程を組み合わせた技術者養成学校)を卒業後、「NOT AHOTEL」の創設者である浜津真司(濱め伸級)がベンチャーキャピタルを設立しました。マーケティングおよびロジスティクスサービスを提供する会社。

その後、Hamauzはシームレスに事業を拡大し、その間、アパレル業界のCE業界リーダーになることを夢見ていたZOZOグループのCEOである前澤からの電話を受けて、ZOZOグループに買収されました。 その後、ZOZOグループでEC部門を統括し、取締役を務めた浜渦は、2年前に前澤CEOが会社を売却するまでZOZOで働いていた。 浜渦は会社を辞めた後、好きな仕事をする方法を振り返り、前澤CEOの好きな分野で働くことが一番幸せな人生だという言葉を振り返りました。

そして彼はホテルとテクノロジーを融合させたビジネスを作りたいと決心しました。 アパレル産業が10年前と同じように、ホテルは依然としてテクノロジーにとって不毛の土地と見なされていたためです。

ホテルはしばしば人々の時間とスキルを浪費するので、彼は理由が最も重要であると言いました。 たとえば、ゲストは「何時にチェックアウトする必要がありますか?」などの同様の質問をよくします。 と「ヘアドライヤーはどこ?」 流し台の隣の戸棚にあります。「お客様が変わるたびに同じ答えを何度も繰り返す必要があります。また、24時間フロントで誰かが待っているのが一般的です。これは一部と見なされる場合があります。おもてなしのことですが、浜渦の観点からすると、これは労働者の重荷となる活動という形での人件費の無駄でした。そこで、DT(デジタルトランスフォーメーション)とD2Cを使って置き換える必要があると思いました。

第二に、多くのホテルは、自社のサイトからではなく、OTAを介して予約のほとんどを行っていることが指摘されています。 ハマウズでは、ホテルの平均収益率は約10%ですが、OTA売上高の15%が手数料となるため、収益率は必然的に低くなります。 したがって、この部品をホテルテックを利用してD2Cの直販形態に転換することでコストを削減できることがわかった。

Hamauzは、既存のホテルの問題をテクノロジーで解決するために、ホテルのD2Cビジネスを展開するNOTAHOTELを設立しました。

Airbnbとどう違うの?

もしそうなら、ホテルのビジネスモデルではありませんか? NOT A HOTELは、別荘として購入した家や、旅行や出張で家を離れるときにホテルとして他の人に家を提供することで利益を生み出すことができるサービスです。 一見、Airbnbのようなプラットフォームのように見えます。 HamauzはAirbnbとの違いを次のように説明しています。

NOT A HOTELと​​Airbnbのような既存のビジネスモデルの決定的な違いは、ホテル自体を構築して販売することです。所有者がホテルを使用しない場合、予約、運用、会計のすべての側面が使用されません。 その部分の。

すべての建物がNOTAHOTELプランに従って設計および管理されており、ホテルのようなサービスとスペースが保証されているため、他の宿泊施設との遭遇のリスクやAirbnbで発生する可能性のある期待を最小限に抑えることができます。

NOT A HOTELの運用プロセスをより詳細に説明するために、まず、NOT A HOTELは、有名な建築家と共同で設計した建築デザインをサイトで販売しています。 ホテル建設プロジェクトに満足している顧客は、インターネットショッピングサイトのショッピングカートに商品を入れるのと同じように、サイトで料金を支払います。 NOT A HOTELは、クライアントが支払った資金で建設を開始します。 所有者は、顧客が購入・支払った資金でホテルを建てた後、そのホテルを別荘として利用することができ、使用しない場合はホテルとして運営し、利益を所有者に還元します。

敷地内で別荘を購入し、リモートで管理する

確かに、このホテルではないビジネスモデルは、現在完成した建物がなく、8億円(80億ウォン)以上の商品がアプリやウェブサイトでラーメンの箱の購入方法をオンラインで購入できるため、注目を集め始めています。カートに入れてお支払いいただけますので。 オンラインで販売されているNOTAHOTELの具体例を見てみましょう。

まず、宮崎にある青島の屋敷。 宮崎の青島は東京から1時間半のフライトです。 ここでは、NOT A HOTELが最初のヴィラのマスタープランを作成し、それをクライアントに販売しました。 浜渦がここで最初のプロジェクトを始めたとき、彼は沖縄ほど有名ではありませんが、宮崎は冬でも良い隠れ場所として魅力的であると予測しました。

私の2番目の選択肢は、東京から車で2時間半の那須です。 日本の有名な邸宅である軽井沢と同様の道路にありますが、土地の価格は軽井沢の1/10です。 言い換えれば、土地を安く購入し、優れた建築家と優れたソフトウェアで販売すれば、勝つ可能性が高くなります。

このようにエリアを選択した後、ホテルではなく、建物の鍵、温度、照明、音楽、掃除など、すべてを制御することができました。 スマートフォンアプリで。 つまり、すべての屋内システムをリモート管理できるようにすることで、ホテルのテクノロジーで実現できるすべてのものがスペースに含まれます。

ホテルとどう違うの?

では、NOTAHOTELと​​既存のホテル事業の最大の違いは何でしょうか。 まず、リスクを最小限に抑えます。 既存ホテルの平均稼働率が年間50%を超えることはめったにありませんが、巨額の先行投資を伴うホテルを建設する場合、損益分岐点に達するまでに時間がかかりすぎます。 。 確かに、これらの構造上の問題は、過去に働いていたアパレル業界でプラットフォームビジネスが確立される前にポイントを作ることを意図した製品の製造に似ていました。 しかし、Hamauzは、アパレル業界のプラットフォーム企業であるZOZOを通じて、在庫のない服を販売するのが常識であるという経験を持っていました。 これに基づいて、彼はホテル業界のリスクを最小限に抑え、テクノロジーを積極的に使用してリスクを実現することが可能であると考えました。

第二に、ホテルではないということは、基本的に、所有者が滞在したいスペースの価値を十分に享受し、それに満足していることを意味します。 つまり、ホテルのように運営されているにも関わらず、もともとは別荘として建てられていたため、既存のホテルとは異なり、物件の価値が維持され、オーナーの視点からの損失はありません。

ホテルではありません、それは本当に成功することができますか?

NOT A HOTELは、所有者が施設を所有して楽しんでおり、利益の分配を受けるという点で、販売中のホテル、ヴィラ、コンドミニアムとは異なります。 NOT A HOTELは、既存ホテルの構造上の問題を解決することで、既存ホテルと変わらないホテルを夢見ていますが、このビジネスモデルには懸念があります。

その理由は、当初、NOT A HOTELによって設計された建物の莫大な建設費が投資されているためです(もちろん、最大12人で共有できるため、初期投資費用を共有できます)が、簡単ではありません。図面を見るだけで購入できます。 また、所有者は土地、建設、運営などについて自分の意見を反映することはできません。

第二に、NOT A HOTELが共同所有されている場合、所有者間の希望する使用時間が重複する可能性があります。

第三に、ホテルの運営はすべて遠隔地で行うのが便利なように思えるかもしれませんが、少なくともホテルの宿泊料金が1人1泊あたり10万円(100万ウォン)以上になることを考えると、日本ではユニークだと感じます。 おもてなしサービスなしでは納得がいかない部分もあります。

しかし、NOT A HOTELが推進するホテル技術をもとに、使わないうちにホテルとして運営する方法は非常に魅力的であり、ビジネスモデルとしての可能性を秘めていると思います。 現在は、青島、那須をはじめ、ビジネス手法の拡大に注力しています。

https://notahotel.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。