[정치]「新冷戦」が懸念される中、課題「多国間協力への参加」


「クワッド」の指導者たちは、ウクライナの危機について話し合うために緊急ビデオ会議を開催します
米国はウクライナとのインド太平洋同盟を加速します
日本の首相は、「クワッド」協力のためにインドへの訪問を促進します。
中国を認識している政府は、反中国連帯に参加するための「負担」



[앵커]ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、冷戦の新たな局面への参入への懸念が高まり、日米同盟の強力な多国間協力への参加を求める声が高まっている。

したがって、中国との経済関係や北朝鮮の核問題を検討することの慎重さはまだ手ごわいものではなく、次の政府にとって解決すべき重要な課題の一つになるはずです。

李京順記者からの報告です。

[기자]米国、日本、オーストラリア、インドを含む4か国の諮問機関である「クワッド」の指導者たちは、ウクライナの危機について話し合うために現地時間3日に緊急ビデオ会議を開催しました。

人道援助体制の確立とともに、数ヶ月以内に東京で再会することが決定されました。

ウクライナの危機をきっかけに、バイデン政権はヨーロッパに続くインド太平洋地域での同盟の連合を加速させています。

日本の岸田首相も「クワッド」との協力を強化するためにインドへの訪問を推進している。

一方、韓国は、5カ国の機密情報同盟である「クワッド」「オーカス」安全保障同盟や「ファイブアイズ」など、米国主導の多国間協力体制には属していない。

確かに、中国との連帯を念頭に置いて参加することは依然として厄介な草案です。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻後、対立の構造が強まることが予想されるため、政治的変化は避けられないことが強調されている。

[구민교 / 서울대 행정대학원 교수 : 쿼드에 가입을 하고, 예를 들어 중국을 안심시킬 수 있는 다른 뭔가 조치들을 취하면 같이 갈 수 있는 것이고, 이게 모 아니면 도가 아니라는 거죠.]

米中覇権と北朝鮮の核問題をめぐる競争を検討し、韓国と米国の同盟を中心とした多国間協力への参加を徐々に求める声もある。

[박병광 / 국가안보전략연구원 책임연구위원 : 미중 대립 구조가 유지되고 있는 현 국제상황을 고려한다면 우리는 좀 더 원칙을 정하고 이슈에 따라 단계적으로 한미 동맹을 업그레이드해가는 노력을 기울일 필요가 있죠.]

それに応じて、政府はこれが複雑な安全保障上の危機であるという認識で対応戦略に苦労しています。

文在寅大統領は、ウクライナ危機を通じて新たな冷戦が激化しており、韓国にも多くの役割を果たすよう求められており、対応力を強化する必要があると強調した。

新冷戦の姿勢と米中対立の構造は、ウクライナ危機の方向性に強く影響されるが、経済安全保障を強化するためには、多国間協力への参加が次期政府の優先事項となるはずである。

YTNのリー・キョジュンです。

YTN Kyojun Lee(kyojoon@ytn.co.kr)

※「レポートはニュースになります」

[카카오톡] YTNで検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN & YTN plus 무단전재 및 재배포 금지]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。