[지금 일본에선(510)] 2040年までに674万人の外国人労働者が必要とされているが、言語コミュニケーションは障害となっている

日本では外国人労働者の需要が急増していますが、言語コミュニケーションが問題視されています。 [출처=일러스트야]

[뉴스투데이/도쿄=김효진 통신원] 今月初め、日本の独立行政機関、国際協力機構(JICA)、日本政策投資銀行は、日本政府が設定した経済成長率を達成するために、2040年までに少なくとも674万人の外国人労働者が必要で、現在のレベルのほぼ4倍になります。

現在、昨年10月現在、日本には、技能を学ぶために日本に入学した35万人の技術研修生と、居住地以外の活動の許可を得てパートタイムで働く33万人の留学生を含む合計172万7000人の外国人労働者がいます。スターテス。




保健省の2019年年金基金の監査データに含まれる日本政府の中長期開発計画と成長達成事例に基づいて、JICAは2040年のGDPを2015年から36%増の704兆円と計算した。 、労使、に関連して発行されるのは初めてです

ただし、経済活動への女性や高齢者の参加が拡大し続け、製造業の産業自動化が計画通りに進んでいることを前提とすると、674万人という大勢の人も最低限必要です。

今回の発表でもう一つ注目すべきは、タイやインドネシアなどの東南アジア諸国で2040年まで賃金と物価が上昇し続けると、賃金が比較的低い日本で働くメリットが期待され、徐々に低下していくことです。

タイとベトナムは、2000年代まで海外に派遣された労働力と留学生の大部分を占める中国が急速な経済成長を遂げた2010年代からその地位を確立してきました。

そのため、日本への海外労働力の供給が急務であるにもかかわらず、企業が大学卒以上の外国人に求める高いレベルの日本人が雇用の障害となっていることがわかった。

外国人人材の就職先を管理するヒューマングローバルタレントとグローバルパワーに掲載された約18,000件の求人広告を考慮すると、75%の企業が日本語能力試験の最高レベルであるN1を必要としているのに対し、外国人は9,000人(37%)に過ぎません。 )N1が所有するサイトで仕事を探していた人。

外国人ならではのスキルよりも、日本語のスキルを高く評価する企業もあります。

明光ネットワークジャパンの調査でも、外国人採用に消極的な人事部長の48%が言語やコミュニケーションに関心を持っていたため、日本企業の外国人に対する不安は根強く残っていました。

また、特定の職務にとどまらず、新入社員を採用して育成する、日本ならではの連想型の仕事は、最終的には個人のスキルよりも日本語のスキルを重視する要因となることが指摘された。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。