[지금 일본에선(512)] コロナに止められなかった求人ブーム? 仕事を探している日本人の5人に1人はすでに合格しています

日本企業は、コロナウイルスによる人材の確保が困難になることを恐れて、採用率を高めています。 [출처=일러스트야]

[뉴스투데이/도쿄=김효진 통신원] 先月15日の就職情報会社ディスコの発表によると、今年の日本の求職者の採用率は2月1日時点で20.2%でした。

直前の1月から1月のドロップアウト率も13.5%を記録し、2か月連続で最高のドロップアウト率を更新し、より速く最もホットな雇用市場を切り開いた。




新しいコロナウイルスによりオンラインでの就職活動が完全に確立されたため、企業と学生の接触が容易になり、優秀な人材を迅速に確保するためにインターンシップ参加者を採用する企業が増えています。

ディスコは、特にIT、外国人コンサルタント、人材が不足し続けている小売および流通部門において、早期採用の動きが大幅に増加していると分析しました。

毎年速くなっている企業の採用活動については、求職者の52.2%(52.2%)が「適切」、39.3%が「速すぎる」、「8.5%」が「遅すぎる」と答えた。

適切と答えたのは、「入社したい会社に応募する前に練習できる」「卒業まで1年間研究に専念したい(就職活動を早く終えた)」でした。 就職準備(採用スピード)についていくのは難しいとの意見がほとんどです。

一方、今年の1月のインターンシップ参加率は88.2%であり、企業はインターンシップのみのセミナー(80.2%)やインターンシップ終了後の採用面接(70.7%)を通じて、インターンシップと新入社員の採用を直接結びつけました。 また、面接対象者の割合は、面接対象企業の中に少なくとも1名の研修生が参加していると回答した。

また、将来の合格率についても楽観的です。 ディスコは「従業員の年齢構成を考えると、企業は採用意欲が非常に高い」と述べ、オンライン面接環境も整っているため、前年比の高い合格率を維持することを期待している。

しかし、新入生の受け入れ率が高いというニュースを聞くと、企業はかつてないほど複雑になります。

多くの企業からの受け入れ通知が以前よりも早く届くほど、1年以上恐怖を感じることは明らかであるため、最終的には仕事を辞めなければならない可能性が高くなります。

大規模な求人ポータルであるリクルートは、企業からの採用通知をすでに受け取っている今年の研修生の23.8%が2人以上を合格したと発表し、合格率の上昇に伴い、採用の拒否がより頻繁になると予測しました。前。

オミクロンの強力な伝播力にもかかわらず、日常生活を回復する動きが各国で本格化しているため、日本がすぐに移民政策を緩和することを期待する研修生は、間違いなく移民市場を見る必要があります。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。