[지금 일본은] シンガポールの新しく人気のある「フラッシュコーヒー」

昨年12月4日、シンガポールのコーヒーブランド「フラッシュコーヒー」が東京・表参道に1号店をオープンし、日本市場に参入しました。 フラッシュコーヒーは、イメージの色に黄色を使用し、高品質で低価格のコーヒーをコンセプトにしたブランドです。

2020年1月に設立された新ブランドですが、シンガポールを含むアジア7カ国で200店舗以上を展開しています。 現在、平均して1日1店舗の出店があり、急速に成長しています。 日本と韓国ではまだ人気が低いですが、シンガポール、インドネシア、タイでは10〜20歳の間で人気が高まっています。

店舗の規模を縮小し、高品質と低価格で競争する

価格を抑えて品質を高めるという戦略は、フラッシュコーヒーの人気の最も重要な要素として効果的だったと考えられています。 世界のトップバリスタが監督する特製コーヒーは、スターバックスのような100%アラビカ豆を使用して低価格で販売されています。

スターバックスミルク(トールサイズ350ml)は418円、フラッシュコーヒーミルク(Rサイズ340ml)は380円。 一番安いメニューは「リストレット」で270円。 メニューにはカフェインなしやお茶など約20種類の飲み物があり、各国の好みに合わせてメニューが異なります。

イタリア名物のココアケーキとヘーゼルナッツクリームを使った「ヌテララテ」や、アボカドパウダーを使った「アボカドラテ」など、フラッシュコーヒーの限定メニューもあります。

甘いコーヒーが苦手な方でも飲みやすく、アボカドの風味を実感できます。 やや苦味があり、果実の香りとの調和が特徴です。

高品質・低価格を実現する秘訣は、店舗面積を最小限に抑えることです。 Flash Coffeeの運営方法は、テイクアウト販売に基づいており、店舗の座席数を減らし、初期の立ち上げ費用と人件費を削減します。

黄色に焦点を当てたエキゾチックな外と内のおかげで、写真を撮ってInstagramなどのソーシャルネットワークに公開する若い顧客がたくさんいます。 入店前に、近隣の店舗数や配送データなどの統計データをもとに、収益性の高い場所を選択してください。

「グラブアンドゴー」を起動して効率を上げる専用アプリを導入

Flash Coffeeは、専用アプリから直接注文して商品にアクセスできる「Grab and Go」を積極的に導入することで、効率を高めています。 15分後からのピックアップ時間を指定できます。 多くのコーヒーブランドが採用しているように、専用アプリには、待ち時間の短縮、スムーズなキッチン操作、顧客データの収集など、さまざまなメリットがあります。

フラッシュコーヒーアプリでコーヒーを注文すると、「フラッシュポイント」が貯まり、ブロンズ、シルバー、ゴールドに分類される「ロイヤルティポイント」が購入金額と頻度に応じて支払われます。 単純な注文アプリではなく、ゲーミフィケーション要素を適用することで、アプリをゲームとして使用してポイントを集めるチャレンジシステムを備えています。

フラッシュコーヒーの主なターゲットは、25歳から35歳までの、新しいトレンドに敏感なミレニアル世代です。 18歳から45歳までの顧客が全体の89%を占める若いブランドです。 現在、顧客の約30%がアプリを使用して注文と支払いを行っています。

また、従業員専用の「バリスタアプリ」も運営しています。 各店舗間での注文確認や情報共有が可能であり、将来的にはバリスタや店舗の状況をリアルタイムで確認できるようになることが期待されます。 店舗はアプリを通じて管理され、パフォーマンスに基づいてインセンティブが提供されます。

日本初出店を記念した「ミタラシラテ」限定メニュー

青山通り沿いの表参道交差点近くにある1号店は、1階にバーカウンター、2階に10席のテーブルがあります。 黄色に塗られた外観は、遠くからコーヒーの閃光の存在を知覚することができます。

初出店を記念して、限定メニューとして「ミタラシラテ」(550円)と「梅こんぶちゃ茶」(355円)をご紹介しました。 日本で販売されているすべてのメニューアイテムは、2013年の世界ラテアート選手権で優勝したバーテンダーの吉川久子が監督しています。

フラッシュコーヒーの広報担当者は、「みたらし団子は、丸いみたらし団子を食べながらコーヒーを飲んでいるような気分にさせてくれます。もちろん、人気のメニューはアメリカーノとラテですが、みたらしラテも好評です」と語った。

「日本は、一人当たりのコーヒー消費量、所得水準、人口密度の点で非常に重要な市場です」と、フラッシュコーヒージャパンの責任者である松尾ポストは述べています。 目標は、2022年までに最大75店舗をオープンすることです。

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。