[지금 일본은] レストランのサウナも!? 日本で最も話題のショップ「恵比寿サウナ」

先月、日本で新しいタイプのコンプレックスストアがオープンし、日本でサウナと食事を同時に楽しむことができる人気が高まっています。 「恵比寿サウナ」の1階には長野県信濃町との連携による地域活性化をテーマにした居酒屋があり、2階には4つのプライベートサウナがあります。

「そばと星がる」を運営するそばとあなたのCEOである阿部聡は、ウィズコロナウイルスとの関連でケータリングと他の業界の組み合わせを探していました。 サウナと居酒屋を別々に使用することも可能です。

今回のヱビスサウナ開店後、安倍社長は「また、コロナパンデミックにより操業できず、操業している店舗を複数設置したため、運営が困難でした。いつ発生したのかわからないため。 。再提出します、私は管理システムをさらに強化するために異種統合を試みたかったです」。

ディナーアウトとサウナの両方がクライアントに休憩を与えるという共通の空間的側面を持っていたので、私たちはそれが組み合わせたオブジェクトとしてうまく合うと決めました。 エントランスは、店の看板のバスルームの前に画像とテキストを配置することで、サウナのように装飾されました。 一部のカウンターは、前面にバスルームタイルが配置されており、さらに楽しむことができます。

2階にあるサウナは、王冠の状況を考慮して、予約用の個室に変更されました。 バスタブはありませんが、サウナは全部で4つあるので、お客様がくつろげる空間です。 個室は3名様までご利用いただけます。

1階の居酒屋で売られている料理は、信濃町の食材を使ったものです。 代表的なメニューは、そば粉に天ぷら粉とエビフライを混ぜて作った「そば粉パンケーキ」「きんぷら」です。 また、カニの生クリーム、鶏の胸肉のプラム煮込み、椎茸、いちじくなど、季節に応じて様々な料理が登場します。

そばは真野町の黒姫を100%使用しています。 また、天ぷらやアラカルトに使われる野菜は、真野町の村人たちと協力して、地元の農家の収入増に貢献しています。

暖炉で焼いたそば炒めやアヒルのグリルは、30代から40代のサラリーマンが食事やおやつとして選ぶメニューとされています。 ビール、ハイボール、お茶割、オロポ(オロナミンC +ポカリスエット)などのアルコール飲料は、日本ではサウナ後の飲料で、ポカリスエットやウォッカに変更して混ぜ合わせたものです。

居酒屋はオープンしており、来場者数は日々増え続けており、サウナの場合は、予約制が整うと営業時間が大幅に延長されます。 コロナ後、夜に酒を飲む文化はなくなり、昼間のパブのコンセプトも検討されています。

安倍最高経営責任者(CEO)は、「サウナだけでなく、外食を他の業界と組み合わせていくつもりです。異種の組み合わせで相乗効果を生み出し、危機が発生したときに安定した収益構造を維持する方法を見つけたいと考えています。外部」

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。