[지금 일본은] 焼き芋ブームにも専用自動販売機が登場

今年の冬、日本では焼き芋がおやつとして人気を集めています。 韓国と同じように、焼き芋は売店で売っていますが、コロナ以降は見つけにくくなり、コンビニエンスストアで探す人が増えています。

日本のコンビニエンスストアの冬の主力商品としておでんが人気でしたが、冬の新商品として焼き芋が注目されています。 ローソンのコンビニエンスストアチェーンは、焼き芋を全店舗の約20%にあたる3,000店舗で販売を開始し、発売から約2ヶ月で100万本以上を販売しました。

ローソンのローストパンプキンサツマイモとパンプキンサツマイモの場合、40歳未満の顧客の21%が購入され、購入者の男性対女性の比率は女性65%、男性35%でした。

2019年から焼き芋を販売しているコンビニエンスストア「ファミリーマート」は、消費者から好評を博し、前年の2.5倍の2,600台にまで伸びています。

ファミリーマートで販売されている焼き芋は、しっとりとした食感と甘さが特徴の日本品種の紅春香とシルクスウィートを使用しています。 サツマイモは、甘さを最大限に引き出すため、収穫後約1ヶ月間倉庫に保管されます。 店内に設置されている焼き芋オーブンに石を敷き、ゆっくりと芋を炊きます。

焼き芋のブームとともに、自動販売機が登場し、注目を集めています。 現在、15の地域に約50台が設置されており、缶入りの焼き芋と冷焼き芋を販売しています。 価格は110gで400円(約4,145ウォン)、190gで500円(約5,182ウォン)でスーパーの2倍ですが、売れ行きは好調です。

焼き芋の販売事業を展開している野福工業は、「加工」した高糖製品を供給して焼き芋を生産しています。

焼き芋の種類を選んだら、ボタンを押すと長い丸いチューブが出てきます。 ふたを開けると、真空焼き芋2個が再び紙で包まれます。 焼き芋は食べやすいので、若者の間で好評です。

コンビニエンスストアのローソン広報担当者は、「コロナの影響で仕事に費やす時間が増えており、冬の代表的なスナックである焼き芋の需要が高まっているようだ。

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。