[표] 日本の外交官庁における韓国に関連する主な技術的内容

(東京=聯合ニュース)特派員キム・ホジュン=竹島の不当な主張を繰り返す内容のブルーブックの2021年版27日、外務省が内閣(国務院)に報告した。その領土です。

昨年9月に菅義偉内閣が発足した最初の外交草案でも、独島は「日本の領土」であるという主張が繰り返された。

以下は、2018年以降の日本の外交ブルースに含まれる韓国に関する主な技術的内容の要約です。

記事/年 2018年(第61号) 2019年(62号) 2020年(63号) 2021年(64号) 技術分野(担当大臣、外相) 2017.1〜2018.4河野太郎
(河野太郎) 2018.1〜2019.3河野太郎 2019.1〜2020.4茂木敏充 2020.5〜2021.3
茂木敏充 序文 中国、韓国、ロシアなどの近隣諸国との協力関係を強化する 近隣諸国との関係強化(韓国などタイムリーなし) 中国、韓国、ロシアなどの近隣諸国との外交、北朝鮮を取り巻く現在の問題への回答など、6つの懸念事項 「自由で開かれたインド太平洋」の推進や中国、韓国、ロシアとの近隣外交を含む7つの重要分野 額 285ページ 303ページ 317ページ 316ページ 国際情勢
(1ページ) 北朝鮮は6回目の核実験を実施し、15発以上の弾道ミサイルを発射し、そのうち2発は日本を通過した→日本と国際社会に対する深刻かつ差し迫った脅威 北朝鮮の核とミサイルの能力は本質的に変わっていません。 北朝鮮のミサイル発射の繰り返し→日本だけでなく国際社会にとっても深刻な課題 北朝鮮は弾道ミサイルを発射し続けている
→日本だけでなく国際社会にとっても深刻な課題としては全く受け入れられない 日韓関係 -アジア太平洋地域の平和と安定のためには、日韓関係が不可欠です。
-韓国と日本の間には困難な問題がありますが、適切な管理を維持しながら、前向きな二国間関係を発展させることが重要です。
-米国と韓国と緊密に協力して、北朝鮮に政策を変更するよう説得する -元韓国人労働者の問題に関する韓国最高裁判所の判決など、韓国からの否定的な動きで非常に困難な(深刻な)状況に直面している
-この困難な問題に対する首尾一貫した立場に基づいて、日本は韓国に適切な対応を引き続き強く要求するという考え。 -韓国は日本の重要な隣国であり、両国は1965年の日韓クレーム条約に基づいて緊密な友好的かつ協力的な関係を築いてきました。
-2019年、2018年と同様に、韓国は旧朝鮮半島の労働者問題に関する国際法違反の状況をまだ修正していません。 – 左
-しかし、2020年には、旧朝鮮半島の労働者の問題に加えて、2015年の慰安婦問題に関する日韓合意の精神と目的に反対する運動、竹島に関連する軍事演習(竹島)島、日本が主張する独島の名前)容認できない状況が続く 慰安婦
問題 -韓国政府が最終的かつ不可逆的な解決策を確認した後でも新しい措置を要求した場合、まったく受け入れられない
-決定的で不可逆的な解決策を確認した協定を韓国政府が忠実に実施することを引き続き強く要求する
-軍による強制拘留に関連する部分は左洞(左同)です -当事者間の法的取引が完了したという立場
韓国に加えて、米国とカナダで慰安婦を設置する動きがあります。 それは日本政府の立場と相容れないものであり、非常に残念です。
-「軍等による強制逮捕」に関する部分について。
-慰安婦問題の詳細を含む2ページの詳細な説明 -1990年代以降、日韓間の重要な外交問題であったが、日本は真剣な取り組みを行ってきた。
-2015年12月、韓国と日本は慰安婦問題の決定的かつ不可逆的な解決を確認しました
-2018年11月の和解と癒しのための韓国財団の解散を促進するための表。財団の解散は日韓協定に照らして問題があり、日本はそれをまったく受け入れることができません。 – 左
– 左
– 左
-韓国と日本の合意の中で、国連を含む国際社会は、慰安婦の問題が批判されたり、相互に批判されたりしないことを確認した。
-今年1月8日、日本政府に対する慰安婦の補償に関する韓国の裁判所の判決は受け入れられなかった。 独島問題 -大韓民国による竹島の占領は、国際法に根拠のない違法な占領であると繰り返し表明する。
-1954年以来3回、国際司法裁判所によって決議案が提案されたが、韓国政府はそれを却下した。
-私たちは、国際法に従い、平和的解決に向けて継続的な外交努力を続けていきます。 昨年の内容を繰り返しながら、2018年に韓国の議員が独島を3回訪問し、韓国側は独島周辺で軍事訓練と海事調査を行うことで強く抗議したことが指摘された) -竹島は、歴史的事実に照らしても国際法でも明らかな日本独特の領土です。
-常設パトロールなど国際法に根拠がない状況で、韓国は竹島を不法占領し続けている。
-国際法に従い、平和的解決のために適切な外交努力を行います。 – 左
– 左
– 左 入隊した犠牲者の質問 -日韓経済協力および信用協定による完全かつ最終的な決議 – 左
-韓国最高裁判所の判決に日本の対応技術を追加するなどの追加の説明 – 左
-旧朝鮮半島の労働者
-問題を解決するために、日韓苦情協定に基づく裁定委員会の設置を求められたが、韓国政府の対応がなかったため、裁定委員会の設置に失敗した。
-引き続き外交当局と連絡を取り、問題を解決し、韓国に国際法違反の是正を強く求めます。 – 左
– 左
-原告の要請により、韓国の裁判所は日本の企業資産の差し押さえと清算を進めた。
-日本政府は、日本企業が押収した資産を現金化した場合、日韓関係に深刻な事態を引き起こす可能性があるため、回避すべきであると韓国側に繰り返し強調している。 日本海の表記問題(日本海)。 日本海は国際的に確立された唯一の名前であり、国連や米国などの主要国の政府によって公式に使用されています。 左 左 左 情報保護に関する軍事協定(GSOMIA) -韓国政府は、日本の輸出管理問題に関連してGSOMIAを閉鎖する決定を発表しましたが、その後、終了の通知を一時停止しました。
-韓国政府が現在の地域安全保障を考慮してこの決定を下したことを理解しています。 – 左
-日本政府は、現在の地域の安全保障環境を考慮して、GSOMIAを安定的に運営し続けることの重要性についての考えを変えていません。 韓国の輸出管理問題 -軍事転用の可能性のある商品や技術の貿易を適切に管理するために必要な措置 -GOKは、日本の輸出管理当局との対話を通じて係争中の問題を解決しようとしたため、昨年WTO紛争解決手続きを再開した。 北朝鮮の問題 -大量破壊兵器と弾道ミサイルのすべての北朝鮮兵器の解体をもたらすために、韓国、米国、日本の間の緊密な政治協議を継続する
-北朝鮮への圧力を可能な限り高めていきます。 -第1回および第2回米朝首脳会談の結果に基づいて、朝鮮半島の非核化のための北米プロセスを支援することが重要である
-米国と韓国と協力して北朝鮮の問題を解決し、中国やロシアを含む国際社会との緊密な連帯 -北朝鮮とその弾道ミサイルのあらゆる形態の大量破壊と破壊を完全に解体するために、国際社会が国連安全保障理事会の決議を団結させ、実施することが重要である。
北朝鮮は、誘拐の問題を解決せずに北朝鮮と日本の関係の正常化は起こり得ないという基本的な認識のもと、すべての拉致被害者を出身国に戻し、誘拐の真実を見つけ、拉致被害者を引き渡すことを強く要求する。 -国際社会が団結し、あらゆる状況のすべての北朝鮮の大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全で検証可能かつ不可逆的な解体のための安全保障理事会決議を完全に実施することが重要です。
-昨年10月と今年1月の北朝鮮の軍事パレード中に新しいICBMとSLBMが登場した可能性が高い
-北朝鮮と日本の関係の正常化は問題を解決しなければ起こり得ないという基本的な認識の下で、誘拐問題を最も重要な課題として解決する

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。