17人が地元の人気を確認…60,000人の日本人との貴重なファンミーティング

セブンティーン(プレディス提供)

セブンティーン(エスクプス、ジョンハン、ジョシュア、ジュン、ホシ、ウォンウ、ウジ、The8、ミンギュ、DK、スングァン、ヴァーノン、ディノ)は日本でのファンミーティングを無事に終えました。

SEVENTEENはさいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)で7時から8時までの2日間開催された「SEVENTEEN 2022 JAPANFANMEETING’HANABI」で6万人以上のファンを驚かせました。

2日目(8日)はオンラインとオフラインの両方でショーが行われ、世界72カ国/地域のカラット(ファンの名前)との思い出に残る思い出を作りました。 ファンは一緒に楽しんで、ピッチにいる活力を体験しました。リアルタイムで配信される韓国語、英語、中国語の字幕3つ、メイン画面1つ、コンセプト画面5つからなる合計6つのマルチビュー画面があります。

シングル「Fallin’Flower」というタイトルの2曲目の日本曲で扉を開いたSEVENTEENは、「久しぶりに嬉しいです…今日はたくさん期待できます」と語った。 約2年半ぶりに直接会った地元のファンに圧倒的な心で迎えた。 次のコーナーでは、SEVENTEENがファンのユーモアとあふれる愛情を、それぞれの好みを垣間見ることができるバランスゲームで披露し、「花火」リレーでファンと楽しい時間を過ごしました。チームAとB。

SEVENTEENは、日本語版の「Let’s go」、「24H」、「HOME; RUN」、「Swirl」、「Left&Right」、「Darl+ing」を次々と演奏するK-POPパフォーマンスの代表です。 特に、この公演は、ファンと対面して行われる最初のステージでステージを埋め尽くし、コンサートホールを美しく飾ったため、SEVENTEENとCARATの両方にとって重要な瞬間でした。

セブンティーン(プレディス提供)セブンティーン(プレディス提供)

結局、セブンティーンは「あなたがいなくて寂しいです。ステージが始まる前は、舞台裏で二度目のデビューのように震え、震えていました。CARATは並外れた存在であり、私たちに素晴らしいものを与えてくれる人のようです。 。さあ。長い間、お待たせしていただきありがとうございました。もっと頻繁に、もっとクールにお会いできるようになります。」

アンコールステージ「ひとりじゃない」と「癒し」を歌うと、移動中の車に乗り込み、会場を駆け巡り、ファンとの直接の呼吸を深めました。 「SnapShoot」の日本語版は公演の終わりを告げました。 特に、ショーの最終日は、「Very NICE」のサプライズパフォーマンスなど、有名なアンコールステージを通じてファンに忘れられない思い出を残しました。

セブンティーンは27日の午後1時に4枚目のアルバム「FacetheSun」をリリースします。

レポーターキム・ジンソク、エンターテインメントニュースチームkim.jinseok1@jtbc.co.kr(コンテンツ産業本部)

広告

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。