2年間維持された世界で最も低い死亡率…オミクロンは過去のものです

23日、コロナ19の確認された症例の累計数が1000万人を超えたとき、ソウルの松坡公衆衛生センターのスクリーニングクリニックを訪れた市民は、迅速抗原検査の結果を待っている。 パク・ジョンミン記者2年以上続いているCOVID-19の流行の中で、政府が主要な検疫の成果として推進している世界で最も低い死亡率は、オミクロンの下で過去のものになりました。エピデミック。 確認件数が増加する中、「選択と集中」の観点から重病死者数を最小限に抑えることが目標であったが、最近の検疫措置緩和の繰り返しで得られた結果の重要性も推定される。消えました。

蓄積はまだ最低レベルですが…オミクロンの死者数は増加しています


コロナが韓国に上陸した2020年1月から約2年2か月前の23歳までの韓国の累積死亡者数は13,432人でした。 人口の異なる国を比較するために使用される100万人あたりの累積死亡者数は、国際的な統計サイトであるデータでは、世界の248.65から20です。

100万人あたりの累積死亡者数。 出典:データの世界100万人あたりの累積死亡者数。 データにおける私たちの世界これは、主要な比較国の中で日本(215.17)を除いて、非常に少ない数であり、米国(2917.15)、英国(2399.43)、フランス(2091.34)の約10分の1です。 3分の1です。 人口や経済力が一定以上の国の中で最も低い水準と言っても過言ではありません。

3T(テスト、トレース、および処理)戦略に代表されるいわゆるK-Quarantineが、2年以上続いているコロナの流行の真っ只中に明確な結果をもたらしたことを否定することは困難です。 ただし、これは最初のコロナからデルタ突然変異の発生までの累積パフォーマンスを含む数値であり、オミクロンの発生期間を考慮すると良いスコアを出すことは困難です。

発生時の1日あたりの死亡者数は40人未満であり、昨年末でもデルタ発生が急増したときは約100人でした。

オミクロンの発生後の100万人あたりの新たな死亡。 出典:データの世界 オミクロンの発生後の100万人あたりの新たな死亡。 データにおける私たちの世界 前述の海外と比較しても、この数字は決して低くはありません。 まだ流行のピークを過ぎている韓国では、16日の100万人あたりの最大の1日あたりの死亡者数は8.36であり、すでにピークに達した英国(7.84、2月22日)よりも高く、日本よりも3多い(2月22日)。 2.56)。 、2月22日)。 2倍の高さ。

国内でのエピデミックの長期化と、確認された症例の発生後2〜3週間遅れて死亡数が増加するという事実を考慮すると、オミクロンが最も高いフランス(10.25、2月8日)または米国(12.35、2)死亡者数月の4日まで急増または超過する可能性は否定できない状況になっています。

不当な救済のための2年間の無意味な準備…「死を最小限に抑える」という遠い目標。


もちろん、オミクロンが既存のコロナとデルタの突然変異の広がりを抑制する前に、少なくとも一度はテストする必要がある側面があります。 ほとんどの国で、コロナに感染した人の総数が20%に達すると、オミクロンの発生は減少する傾向を示します。 大規模な流行を避けることは困難です。 したがって、2年近く死亡率が高かった既存のコロナおよびデルタ感染の最小化のおかげで、オミクロンの発生が他の国よりも良い状況でオミクロンの発生に対処できたことは否定できません。その期間中のワクチン接種率の増加。

しかし、専門家は、発生が加速した2月初旬以降、政府が「一方向の緩和」検疫政策を実施したため、この「事前効果」の重要性は薄れたと推定しています。 確認された症例数が予測レベルを超えて爆発的に増加したにもかかわらず、遠方から検疫ガイドラインへの検疫措置が緩和されたため、発生の規模はさらに拡大しました。 これが、批評家が政府がオミクロンのリスクを過小評価していると言う理由です。

少しリラックスした社会的距離調整計画が発表されたとき、従業員は18日にソウル中区の大東で昼食に行きます。 パク・ジョンミン記者少しリラックスした社会的距離調整計画が発表されたとき、従業員は18日にソウル中区の大東で昼食に行きます。 パク・ジョンミン記者嘉泉大学校病院の感染症教授であるオム・ジュンシク氏は、「検疫措置を緩和する前にオミクロンの流行に見舞われたすべての国々。しかし、流行が本格的に始まったとき、私たちは反対の方向に進んだ。 “。 パーシャルとミクロンの低い死亡率は、(電波のパワーと比較して)あまりにも広範に解釈されています。」

政府は、既存の距離と同様に強力な検疫の効果がオミクロンの流行の一部であったため、「選択と集中」が必要であるとの意見ですが、これでも説得力がないという回答はたくさんあります。 なお、エピデミック対策はありませんが、検疫措置は順次廃止され、「季節性インフルエンザ」の話や心理的検疫も解除されています。

韓国医学研究所学術委員会委員長のシン・サンヨプ氏は、「死者の半数以上がオミクロン感染によるものだと言っても過言ではないので、死者数と言っても過言ではない。コロナの初期とデルタの間にそれが本当にうまくいったことに基づいて小さいです。」

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。