36氪と日経がアジアのテクノロジーニュース報道を強化するためのグローバルパートナーシップを発表-36氪

36Krと日経はグローバルパートナーになったことを発表しました。アジアの新興企業、特に中国の新興企業を中心に、双方はニュースコンテンツと企業情報においてグローバルな協力を行います。

協力の第一段階では、日経は36氪によって日経オンライン版と日経テレコムデータベースサービスで報告された中国のスタートアップに関する日本のニュースを公開します。 同時に、日経は36の英語コンテンツを日経の英語メディアである日経アジアレビューと英語のエンタープライズデータサービスシステムであるscoutAsiaで公開します。

日経は1876年から140年以上にわたりビジネスマンに貴重な情報を提供してきました。 主なメディア事業である日本経済新聞は、現在約235万部の発行部数を誇っています。 電子版日本経済新聞の有料利用者数に加え、日経産業新聞、日経MJ、日経ベリタス等の電子読者数。 は約66万人で、無料ユーザーと有料ユーザーの総数は400万人を超えています。

英語のステーション36氪KrASIAと日本のステーション36KrJapanは、それぞれ2017年と2018年に設立されました。読者にテクノロジーベンチャーキャピタルに関する情報を提供するだけでなく、アジア企業の可視性とネットワーキングの機会を拡大します。 これまでのところ、英国の放送局は600社以上をカバーする2,300以上の記事を公開しています。 この協力の後、36Krは引き続き海外市場への投資を増やし、アジアのベンチャーキャピタルイノベーション市場を完全にカバーするよう努め、より多くの中国の革新的な企業が「外出」し、より多くの外国企業が「参入」するのを支援します。 世界の読者と日経の影響力は、36氪の世界的な技術と商業ラベルと非常に一致しています。 これは、この戦略的協力を促進する上でも重要な要素です。

このパートナーシップにより、日経は中国やその他のアジア諸国のテクノロジー企業のカバレッジを強化し、独自のインタビューカバレッジネットワークに加えて、パートナーからの外部リソースも活用します。拡大独自のオーバーレイネットワーク。 36Krの国際協力は、この日経戦略に沿ったものです。 将来的には、日経は毎年11月から12月にかけて世界中の多くの有名な新興企業、ニューエコノミー企業、投資機関が参加するWISE会議など、さまざまな36Krオフライン活動にも参加します。

日経会長の岡田直敏氏は次のように述べています。:36Krとのグローバルパートナーを結成できてとてもうれしく思います。 36Krは、最も人気のある中国のスタートアップ企業情報Webサイトです。 日本と英国のコンテンツに関する36Krとのコラボレーションは、日経が中国とアジアのテクノロジー企業に関する情報の提供を強化するのに役立ちます。

36Krの社長であるFengDagangは、次のように述べています。世界的に有名な企業メディアグループである日本経済新聞とグローバルな戦略的パートナーシップを結ぶことができることは、国際化の重要なステップです。 36Krは2017年に海外市場戦略を開始して以来、これまで東南アジア、インド、日本の主要なアジア市場をカバーしてきました。 日本経済新聞との協力により、36Krのコンテンツレイアウトとブランドの影響力を世界市場で促進し、中国企業の世界的な影響力を高め、中国のイノベーションと世界の価値を結びつけるという使命をよりよく実現します。

日本経済新聞について 日本経済新聞

日本経済新聞は1876年から140年以上にわたりビジネスマンに貴重な情報を提供してきました。 毎日約1,500人のジャーナリストが報告しています。 大手メディア日本経済新聞の発行部数は現在約235万部で、2010年3月に発売された日本経済新聞電子版の有料利用者数に加え、日経産業新聞電子リーダー、日経MJ、日経ベリタスの数は約66万人で、無料ユーザーと有料ユーザーの総数は400万人を超えています。

約36歳

36Krは、中国のテクノロジー、ベンチャーキャピタル機関、専門家に、最先端のテクノロジーの概要と、グローバルなプライマリーマーケットをカバーするデータ分析、業界の解釈、トレンド予測など、グローバルな視点を持つ最先端のベンチャーキャピタル情報を提供することに取り組んでいます。投資と財務の分析およびその他の情報は、グローバルな新興企業に焦点を当て、その投資価値を活用します。 36Kr Mediaは、2010年の設立以来、世界中で1億5,000万人以上の読者をカバーし、10万件以上の記事を公開しており、新しい中国経済で最も影響力のあるコンテンツブランドとなっています。 同時に、36Krは、コンテンツベースのビジネスサービスプラットフォームの構築、新しい中国経済の産業開発と価値革新への深く参加、新しい中国経済の企業へのより多様なサービスの提供、および企業の支援にも取り組んでいます。より良い発展を得るために新しい中国経済の。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。