ACL、韓国-日本プレミアリーグの権利が確保されました

[골닷컴] 記者キム・ヒョンジュン=国内外のOTTサービス会社間のプレミアムIPとキラーコンテンツの競争が日々激化する中、孫興民と黄喜燦の居場所は業界は、プレミアリーグの次の3シーズンに向けて決定されています。

韓国で唯一のスポーツOTTサービスであるSPOTVNOWとSPOTVテレビチャンネルを運営するAclaMediaGroup(以下、Acla)は、14日のプレスリリースを通じて、チャンピオンシップが放送されたと発表しました。 その結果、ACLはプレミアリーグの契約を、柳賢振と大谷が活躍するMLBなどの以前に保険をかけた海外の人気スポーツ権にまで拡大し、韓国と日本のプレミアムスポーツ放送局としての地位をさらに強固なものにしました。 これらのスポーツはすべて、韓国と日本の両方でOTTSPOTVNOWスポーツサービスを通じて提供されます。

業界によると、このプレミアリーグのライツオファーは、全国のOTT関連のコングロマリット、多くの放送局、「メディア恐竜」と呼ばれる商用プラットフォームから多くの関心を集めていることが知られており、最終的な賭けでは大きな競争がありました。額。 しかし、第1ラウンドから第2ラウンドにまたがる激しい戦いの後、現在のプレミアリーグの全国出版社であるAclarが最終的な権利を取得しました。

アクラは、この申し出を通じて、韓国の出版権だけでなく、日本のプレミアリーグの権利も確保したことを強調した。 既存のACLは、日本で「SPOZONE」と呼ばれるスポーツOTTサービスを提供しています。 先月から、サービスは韓国と同じ名前のSPOTVNOWに名前が変更されました。 戦略は、日本人の大谷が演じるすべてのMLB試合の生放送と、リバプールの南野とアーセナルの富谷が演じるすべてのプレミアリーグの試合の生放送を追加して加入者を拡大し、今回の著作権を確保することです。

特に、Aklarは昨年、東南アジアの7か国でSPOTVチャネルを立ち上げ、日本と韓国でもSPOTVNOWスポーツOTTサービスとチャネルを運営しています。 先月1日、SPOTVチャンネルが香港で放送を開始し、アジア10か国でSPOTVブランドを宣伝しました。 したがって、この著作権契約により、SPOTVの韓国や日本を含むアジアへの進出が加速していると推定されます。

ACL関係者は「大規模なクラブの参加により激しい競争が続いているが、今シーズン以降、孫興民と黄喜燦が活躍するプレミアリーグが放送され続けている」と語った。 再送信されます。 今後もK-Sportsプラットフォームの海外展開に注力していきます。」

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。