[ET] MZ世代がトレンドをリードしていますか? 5070はすべてのお金を使います!

■プログラム名:Integrated Newsroom ET
■コーナー名:経済人
■放送時間:3月31日(木)17:50〜18:25 KBS2
■通訳:Age LabKoreaのCEO、イ・ドンウ
■ホームページ
https://news.kbs.co.kr/vod/program.do?bcd=0076&ref=pMenu#20220331&1

[앵커]これは、ビジネスマンの心を読み取るホモエコノミクスの一角です。 私は93歳の祖母です。 23秒で100メートル走ります。 彼は重いタイヤを引っ張るために一生懸命訓練することを躊躇しません。 調理や掃除などの家事も手作業で行う必要があります。 奇妙な人の話ではありません。 より健康でより豊かなこの地球上の何千人もの老いも若きも。 今日は、高齢化社会の研究機関であるエイジラボコリアのイ・ドンウク最高経営責任者(CEO)と、最も重要なトレンドについて話し合う。 CEO、お元気ですか?

[답변]こんにちは?

[앵커]長老たちも長老たちのことを話すのは嫌いだと言っていますが、今日はチャンネルに戻ってはいけないのではないかと心配しています。

[답변]私はそれが決して起こらないと思います。 今日は先輩の新しい定義をお伝えするので、多くの先輩は幸せにならないだろうと思います。

[앵커]どうやってこんなに素敵な新しい定義を思いついたのですか?

[답변]通常、行政機関では「シニア」という用語を使用します。 国家統計局によると、それは高齢者と呼ばれています。 最近のビジネスでは、彼らをシニアと呼んでいます。 お年寄りはお年寄りとは違うということです。 第一に、人口が多すぎて、もう一方はお金が多すぎます。 私たちは他の世代よりも富を持っており、これは先進国で世界中で起こっている現象です。

[앵커]その人口はどの程度増加しましたか? トレンドがわかりますか?

[답변]たとえば、韓国で2020年から退職する65歳以上の高齢者を見ると、今後20年間で1,700万人以上が退職します。 彼らは多くの世代です。 実は、毎年30万人未満の赤ちゃんが生まれていますが、これまでの高齢者では、第1世代の団塊世代と第2世代の団塊世代が毎年100万人生まれているため、人口は実に多いのです。巨大。

[앵커]なぜこの世代に注意を払う必要があるのでしょうか。 人口が増えるにつれ、彼らの新しい経済力と消費者力は無視できないレベルに達しています、あなたはこれを言っていますか?

[답변]右。 企業は、過去100年間のように、常に新しい世代のために新しい製品やサービスを作成してきました。 しかし、新しい製品やサービスを作成することになると、世界的な見方では、今ではあまりにも多くの高齢者があまりにも多くのお金を持っています。

[앵커]新しい価値観と新しい市場が開かれました。 では、2022年の現在の高齢者の傾向をどのように定義できるでしょうか。

[답변]一つ目は、私は年をとっていないということです。 画面にあるように、私は年をとっていません。 平均余命の伸び率は、1年に1年ずつ伸びています。 そのため、現在、どの国でも平均余命は80年を超えていますが、今世紀末までに150年に達すると言われています。

[앵커]現在65歳以上の年功序列が見られますが、私が年配だと思っている人は何人いますか? 彼らはどうやって私が年をとっていないことを証明するのでしょうか?

[답변]たとえば、YouTubeには多くのアクティブな人々がいます。

[앵커]たくさんのチャンネル登録者がいます。

[답변]安全。 加入者数の増加の主な原因は、実際には高齢者の世代です。 もう1つは、ファンダム市場を牽引しています。

[앵커]ファンの世界?

[답변]はい、彼は好きな有名人に敬意を表したり、水泳をしたりしています。 趣味もあります。 過去には、趣味は高齢者、工業化された世代とも呼ばれていました。 ベビーブームの前の世代は韓国では工業化の世代と呼ばれています。工業化の世代は犠牲と共同体意識が強いものでしたが、今では自分の欲望と夢を追い求め、その後もとても楽しい生活を送っている人がたくさんいます。退職。

[앵커]人生でどんな趣味をからかっていますか?

[답변]たとえば、私も音楽を作っています。

[앵커]音楽?

[답변]うん。

[앵커]楽器?

[답변]楽器。 クラシックギター。 私が高麗大学校にいたとき、高麗大学校の高齢化社会センターにいたとき、週末に教授が見たとき、自転車やスポーツカーに乗る人がたくさんいました。 以前とは違う動きが必要です。

[앵커]それは結構です。 2番目のキーワードを見てみましょう。 家で年を取りたいです。

[답변]家で年を取りたいです。

[앵커]ナーシングホームやナーシングホームなどに行かずに、家で快適に暮らしたい。 これは何を意味するのでしょうか?

[답변]はい。韓国には約7,000のナーシングホームとナーシング病院があります。 今、家で年を取りたいというニーズは非常に高まっています。 老年学では、これはAging in Placeと呼ばれ、AIPとも呼ばれます。 しかし、家で年を取りたいこれらの高齢者のために、技術を開発する必要があります。 そのテクノロジーは、私たちがシニアテクノロジーと呼んでいるものです。

[앵커]老化技術、シニア技術。

[답변]シニアテック、エイジングテック、エイジテックとも呼ばれます。 用語はまだ統一されていません。 ここにはいくつかの領域があります。 一つ目はリハビリテーションの分野です。 リハビリテーションは、自宅で自分でできることです。 それから、薬の管理があります。なぜなら、あなたがシニアになると、実際に服用する必要のある薬がたくさんあるからです。 何をいつ食べるかを教えてくれるアプリはたくさんあります。 また、スマートホームはスマートでウェアラブルな家であり、外部の協力やコミュニケーション活動も家の中で行うことができますが、ウェアラブルデバイスは高度に開発されています。 最近、IoTは大きく発展しました。 IoTはウェアラブルデバイスに投資しています。 例えば、パンツの中には日本で開発された下着もあります。 下着姿で寝ると、病院や医療機関に心拍数などを与えるものがあります。

[앵커]マーケティングの観点から、あなたが言ったことは、新世代のインフルエンサーが登場したということです。

[답변]企業がこの世代に注目しなければ、将来の事業運営は非常に難しいと思います。

[앵커]3番目のキーワードを見てみましょう。

[답변]一人でも大丈夫です。

[앵커]確かに、高齢化社会では一人でいることは誰にとっても運命ですが、一人でいても大丈夫ですか?

[답변]古い孤独な人が現れます。 確かに、これは2つの観点から見ることができます。 国の観点から、一人にされている高齢者にどのように対応すべきかという問題があります。 英国と日本はこれに細心の注意を払っています。 日本にはセブンという組織があります。

[앵커]それぞれ7つ? セブン?

[답변]たくさんのニュースもありました。 7人の女性が一人でいる。 これらの人々は彼らの家の非常に近くに住んでいて、週末のイベントを組織して、互いに助け合っています、条件があります。 つまり、私は回復期ではありません。

[앵커]処理? 注意しない?

[답변]介護者はいません彼らは一緒に幸せに暮らし、助け合っていますが、お互いの世話をしていません。

[앵커]十分な距離?

[답변]そのような会議があります。 ビジネスの観点から、独自の認識を持つ販売があります。 その後、セキュリティサービス、一人用家電、お弁当など、各国で人気を博しています。

[앵커]企業は、この市場に対して、現在とはまったく異なるアプローチを取る必要があります。

[답변]安全。 以前は、3人家族と呼ぶのが一般的でした。 最近では、3人家族ではなく、1人家族が流行しています。 単身世帯数は増加傾向にあります。 もちろん、増えているのは年配の世代だけではありません。 ジェネレーションXも増え、MZ世代も増えていますが、高齢者の数は圧倒的に急増しています。

[앵커]最後のキーワードに行きましょう。 幸福よりも死ぬこと。 どうやって死ぬのか心配そうですが、答えはありますか?

[답변]ウェルネスは2000年代初頭には流行していませんでした。それは生き方と食べるものについてでしたが、今では生き方ではなく、うまく死ぬ方法を研究する動きがあります。 たとえば、人生の葬式は流行しています。 通常、葬式では、その人の死後に会葬者が来ると、私が知っている人が来るかもしれませんが、死者はその人を見ることができません。 だから私たちは死ぬ前に葬式を、死ぬ前に葬式を行うのです。

[앵커]なぜあなたはこれをやっている?

[답변]人と交流し、幸せになりましょう。 ですから、日本ではお葬式の翌日に亡くなる人がいて、ヨーロッパでは安楽死のケースが多いです。

[앵커]海外で多くの事件を聞いていますが、韓国でうまく死ぬ動きはありますか?

[답변]オンライン葬儀とその後の文末脚注はすでにファッショナブルになり始めています。

[앵커]最後のメモ?

[답변]これが最後のメモです。 最後に、あなたはそれをあなた自身のノートに直接書きます。 あなたのプロフィール、あなたの物語、あなたがどのように感じたか、あなたの意志は何であるか、そしてあなたがあなたに残した遺産は何か、最後のメモにこれらすべてを書き、それらを将来の世代に伝えます。

[앵커]あなたはこのような何かのためにあなた自身を準備したに違いありません。

[답변]右。 今では死にゆく文化です。 人が生きている間に葬式が存在すると言うために、人々は今、死ぬことはよく生きることと同じくらい重要であると考えています。 私はあなたがこのように考えるべきだと思います。

[앵커]このような美しいマイルストーンまでの退職後の年月を快適に過ごすために、何歳から準備を始めるべきでしょうか。

[답변]私は50歳になる前に始めるべきだと思います。 それが彼らが最も健康な時であり、それ以降、彼らの健康に気を配り、人々との関係、私が何をすべきか、そして私が何かをするために何を準備する必要があるかについて考えるのは良いことです。

[앵커]大統領の言葉を聞くと、高齢化という新たなビジョンが開かれたように見えますが、私たちの社会システムがこの認識の変化に追随することが重要であるように思われます。 これまで、ホモ・エコノミクスの最高経営責任者であるイ・ドンウクと仕事をしてきました。 ありがとう。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。