[fn마켓워치]ブラックロックがアジア太平洋地域の機関貿易担当者である清水博之氏を任命











[fn마켓워치]ブラックロックがアジア太平洋地域の機関貿易担当者である清水博之氏を任命
[파이낸셜뉴스] ブラックロック・アセット・マネジメントは22日、清水博之をアジア太平洋地域の機関投資家の代表に任命したと発表した。

取締役会の承認を得て、清水はブラックロックの日本支社の社長にも就任します。 清水CEOは今年の第2四半期にブラックロックに入社する予定です。

清水は香港を拠点とし、機関投資家のポートフォリオ全体にソリューションを提供することに注力します。 国内の幹部、投資チーム、その他の企業チームと協力して、すべての機関投資家向けの商品提供とクライアントセグメンテーション戦略を監督します。

清水はまた、ブラックロック・ジャパンの社長に就任し、ブラックロック・ジャパンの最高経営責任者兼最高経営責任者である有田洋之をサポートし、地元の機関投資家への販売を担当します。

ブラックロックのアジア太平洋地域のエグゼクティブチェアマン兼プレジデントであるレイチェルロードは、次のように述べています。

ブラックロック・ジャパンの有田浩之最高経営責任者兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。 (環境、社会、ガバナンス)とポートフォリオの構築」。

「アジア太平洋地域の機関投資家は非常に異なる特徴を持っており、その投資目的は、完全なポートフォリオソリューションから代替的で持続可能な投資まで、ますます洗練されてきています」と清水氏は述べています。 「私たちはカスタマイズされたソリューションの提供に焦点を合わせます。」

最近まで、清水はモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのプライベートクレジットおよびPE部門のグローバル共同代表者および日本と韓国の代表者を務めていました。

KKRでは、キャピタルマーケットジャパンのCEOを務め、資金調達および調達業務を主導しました。 ゴールドマンサックスジャパンに15年間在籍中、スペシャルシチュエーショングループ、投資およびオルタナティブ投資部門で商品販売を担当し、その後、金融機関グループでデリバティブ販売を担当しました。

ggg@fnnews.com特派員Goo-GwiKang








Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。