JAPANNOWシェアードオフィスとカプセルホテルのコラボレーション

以前のカプセルホテルよりも多くのスペースとスマートデバイスを使用するように改装されたホテル。

先週の21日、ニューヨーク証券取引所に「wework」が上場されたというニュースがありました。 コロナウイルスのパンデミック後の人々の働き方の変化に合わせて、共有オフィス活動がさまざまな形で導入されています。 アメリカで始まったグローバルチェーン「wework」があれば、日本の感情に合った和風ワークスペース「.andwork」があります。

日本独自の「カプセルホテル」「。andwork」をベースに、いつでもどこでも仕事ができるエンターテインメント要素を備えたホテル一体型ワークスペースは、2020年9月に日本の7地域でオープンチェーンとなります。

宿泊型のオフィスワークスペースは、進化したカプシュホテルとシェアオフィスを組み合わせたものです。

宿泊型のオフィスワークスペースは、進化したカプシュホテルとシェアオフィスを組み合わせたものです。

サービスには主に宿泊施設の種類と日額家賃の種類の2種類があります。
デイリーレンタルタイプは1時間単位でご利用いただけます。共有オフィススペース、ワークスペース、ウォークインシャワーをご利用いただけ、スマートポッドカプセルベッドでお昼寝できます。 24時間無料のコーヒーサービスと期間限定(17:30-18:30)の無料ビールで、楽しいコミュニティスペースを通じてユーザーの交流を促します

テレワークドアスペース。

テレワークドアスペース。

在宅勤務のドアは8:00から24:00まで利用でき、1時間から16時間まで使用でき、入り口と食べ物は自由に持ち込むことができます。 ケースは45,000円です。

オープンな共有オフィスと比較して、独立したワークスペースと宿泊施設を可能にするパッケージは、出張などの外出先での便利で無料の作業方法の提案です。 「地域によって違いはありますが、東京では一泊6,000円です。

会議室、電話ブース、共有オフィススペース(京都)

会議室、電話ブース、共有オフィススペース(京都)

高さ2.3m、面積3m²の個室は、L型デスクチェア、コンセント、USB電源、Wi-Fi、ファン換気を介して新しい空気が循環する環境ですこれ

日本には、東京、大阪、京都、福岡、川崎、沖縄に渋谷と麻布十番を含む合計7つの場所があります。

ユーザーのコミュニティスペースでは、無料のパートタイムのコーヒーとビールのサービスが24時間提供されています。

ユーザーのコミュニティスペースでは、無料のパートタイムのコーヒーとビールのサービスが24時間提供されています。

王冠の大流行によって変化した作業方法の変化や、コンピューターデザイナーやウェブデザイナーなどの新しいタイプの仕事が、オフィススペースの変化と革新につながっています。

Cona KIM /JAPANNOW編集長

「外部の著者の内容は、このドキュメントの編集方向とは異なる場合があります。」
読者のリクエスト:thepen@hankyung.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。