MEDI:GATE NEWSコロナ19の患者を東洋の医師から治療している間、ゴールデンアワーをお見逃しなく…感染症の東洋の医師を除外するために法律の改正が必要です。

写真=銀行ゲッティイメージズ。

[메디게이트뉴스 하경대 기자] 東部の医師がCOVID-19の対面治療と請求を受けることが可能になりましたが、それが適切ではないという医学界からの懸念が高まっています。 これは、東洋の医師が徹底的な検査の後に経口治療を処方することができないためです。

特に、法律を見直し、パンデミックの状況にある医師以外の医療関係者による感染症の治療の制限を規定する必要があります。

健康保険審査評価サービスが発行した外来治療センターの運営状況によると、確認されたCOVID-19患者の外来治療センターに申請された5、75の東洋クリニックと56の東洋医学病院。 合計2534の外来治療センターがあります。

臨床レベルの医療機関も前日から外来治療センターに申請できるようになり、コロナ症状治療の中心治療費として24,000ウォンから31,000ウォンの対面治療費が追加されている。および他の病気。 さらに、クラウンが確認された患者は、外来治療センターに申請した東洋のクリニックを訪れ、鍼灸、カッピング、チュナなどの東洋医学のケアを受けることができます。

しかし、医療専門家は、タイムリーな治療と処方が必要な状況で、東部の医師がCOVID-19の治療に参加することは適切ではないと考えています。

大韓医師協会のキム・ドンソク会長は、「オミクロンの重症度は低下したものの、胃炎の進行を防ぐために症状と付随する病気を注意深く監視する必要がある。しかし、東部の診療所では、これらのことを正しく行うことはできません」。

「東部の医師は医学教育を受けていないため、医学的基準で患者の状態を正確に把握することも、経口または静脈内処方薬を処方することもできません。これは続くでしょう」と彼は続けた。

大韓医師協会も声明のなかで、「東洋の医師が患者を対面で評価しようとしているのは、どのような学術的または法的根拠があるのか​​理解できない」と批判した。

現在の法律では、東部の医師と医師は医療関係者として結ばれているため、すべての感染症の状況で同様の状況が発生することを強調する人もいます。

実際、大韓医師協会は、以前に総合医療機関が専門家向けの迅速抗原検査(RAT)を実施した際、医療関係者である東洋人医師でも法に則って実施できると述べ、RATの実施許可を求めた。 。

そのような主張が表面化したとき、歯科協会はまた、韓国疾病管理庁に迅速抗原検査を実施する許可を求める公式の手紙を送り、返答を待っている。

大韓医師協会の東洋医学特別委員会委員長のキム・ギョウン氏は、「東洋医学者が確認された患者を治療し、検査することは非常に危険な状況である。彼は言った。「考え自体は間違っている。 「この機会に、感染症に関連する医療法を見直しなければならない」と述べた。

キム大統領は、「大韓医師協会は理解できないが、それを容認する政府はもっと問題だ。他の国では、コロナウイルスの診断と治療は完全に医師の手に委ねられている」と述べた。 中国のガイドラインは診療所での検査を推奨し、伝統医学を強調しているにもかかわらず、中国医学は無症候性または軽度の患者のみを対象としている」と彼は強調した。

大韓医師協会のパク・スヒョンスポークスマンは、「コロナ以外の病気で、東洋の診療所の対面治療に反対しているわけではない。懸念がある」と述べた。

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。