MEDI:GATE NEWSSK新しい脳腫瘍のバイオ医薬品開発と今年のデジタル治療…CNS分野でのM&A推進

写真=SKBiopharmaceuticalsのCEO、JoJung-woo。

[메디게이트뉴스 서민지 기자] 昨年、世界のトップ4市場に参入し、過去最高の売上高と営業利益を記録したSK Biopharmaceuticalsは、今年、革新的な新てんかん薬Cenovamateの販売ネットワークを拡大し、脳腫瘍と脳転移のパイプラインを強化しています。抗がん剤とデジタル療法(DTx)。

SK BiopharmaceuticalsのCEO、Jo Jung-wooは24日、オンライン記者会見を開き、ポートフォリオを拡大する計画を発表しました。

昨年、SK Biopharmaceuticalsは、米国、ヨーロッパ、日本、中国の4つのグローバル市場への参入を完了し、米国での売上高の増加により、売上高4,186億ウォン、営業利益953億ウォンを達成しました。中国での子会社の設立、およびカナダへの技術の輸出の傾向。

今年は、▲米国での売上増、▲グローバル市場参入の拡大、▲発売・製品導入の加速、▲有望な外部企業との協力。 。

チョーCEOは、「売上を伸ばすために、SKバイオファーマシューティカルズの米国子会社であるSKライフサイエンスを通じて全方向性マーケティングを行っています。患者のアクセスを改善するためにテレビ広告とソーシャルメディアキャンペーンを拡大しており、これにより、認知度を高めています。 2位から1位までのブランド。私たちはそれをトップに据え、病気の認識の向上と治療のパラダイムシフトを促進します」と彼は言いました。

現在、米国企業は、てんかん研究への資金提供に関連する非営利団体「CURE Epilepsy」と協力して、この疾患の認知度の向上に取り組んでおり、米国などの年次会議で長期的な有効性と安定性のデータを発表しています。神経科学アカデミーとアメリカてんかん学会。

Cenovamateのグローバル市場をさらに拡大するために、同社はその技術を南米およびその他の国に輸出し、パートナーのAngelini Pharmaを通じて、フランス、イタリア、スイス、スペインなどの主要なヨーロッパ諸国で発売する予定です。 今年後半に香港とカナダで製品承認の申請を行う予定であり、韓国、中国、日本は2025年の開始を目指して第3相臨床試験を実施しています。

「単純な売上拡大?…中長期的な将来の食品のパイプラインを強化する」

表=SKバイオ医薬品パイプライン(オンライン会議のビデオキャプチャ)



SK Biopharmaceuticalsは、積極的なM&Aとオープンイノベーション戦略を使用してパイプラインを強化し、外観を拡大するだけでなく、内部の安定性も強化する予定です。

第一に、彼のてんかんの経験をさらに強化するために、セノバメートの治療範囲が部分発作から重度の発作に拡大され、年齢範囲を子供に拡大するための臨床試験が進行中です。 また、レノックス・ガストー症候群の治療薬であるカリスバメートの第3相臨床試験も実施しています。

具体的には、脳腫瘍および脳転移の分野でクラス最高の新しい抗がん剤を開発することを目的として、米国は標的抗がん剤であるSKL27969の第1/2相臨床試験を開始しました。

安全性、忍容性、薬物動態などが測定され次第、フェーズ2に進む予定です。 最大耐量と第2相用量を確認し、脳腫瘍、非小細胞肺がん、トリプルネガティブ乳がんなどに対する抗がん効果も評価します。

チョーCEOは「脳腫瘍の12〜15%を占める膠芽腫は治療の選択肢が少なく、手術が難しいため、放射線療法や化学療法が限られている」と述べた。今年初めに脳腫瘍を治療します。」

「M&Aとしてのアクティブなオープンイノベーション戦略…脳の分野での予防、診断、治療を網羅する専門製薬会社として」

また、次世代てんかん薬SKL24741と統合失調症薬SKL20540の第2相臨床試験を継続する予定です。

さらに、SK Biopharmaceuticalsは、予防、診断、治療の全サイクルをカバーするヘルスケア企業として飛躍するために、デジタル治療(DTx)を開発します。

チョ氏は「過去30年間の臨床データを使っててんかんを予測・予防する装置を準備する予定だ。今年は全国臨床試験を実施し、米国のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で披露する予定だ。また、「miRNA(マイクロRNA)やタンパク質分解など、感染症などさまざまな分野に応用できる有望な革新的技術を開発し、神経系や神経系の分野での研究開発に応用していきます。癌 “。

革新的な技術を移植し、新製品を導入するために、グローバルなバイオファンドへの投資や研究機関、バイオテクノロジー、新興企業との共同研究協力などのオープンイノベーション戦略を使用しています。M&Aは、リリースサイクルの短縮と効率的な管理を追求しています。結果はまもなく公開されます。

チョーCEOは、「アクティブなオープンイノベーション戦略を最大限に活用することで、新薬開発の能力と相乗効果を高めています」と強調しました。

一方で、最近の株価下落の問題も浮き彫りになった。

チョ社長は「現在の株式市場のボラティリティはマイナスの影響を受けているが、会社のファンダメンタルズは変わらない」と語った。中長期的な成長エンジンが豊富にあります。」

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。