Megabox JoongAngPlusMは2YouDreamとMOUを締結しました…コンテンツの共同プログラミングと制作

Megabox JoongAngPlusMと2YouDreamがチームを組みました。

メガボックス中央日報(ホン・ジョンイン最高経営責任者)は12日、2ユードリーム(ユ・テクグン最高経営責任者)と戦略的商業協定を締結し、両社が共同で開催する大会を開催し、ウェブトゥーン/ビデオIP。

今回の契約による両社の共同作業として、2020年にリリースされた「スーパーマイノリティヒーロー」アンソロジーに含まれることでMZ世代の間で人気を博したチョンソンランの「サーフビート」は、主人公であり、ボディスワップです。義母と義理の娘の間。 「ママは母親ではない」、姉の火の裏にある真実と家族の臓器移植についてのサバイバルゲーム「(BとDの間のオリジナルのウェブトゥーン」)の残忍なバランスを明らかにしようとしたときに「テ」が直面した息苦しい恐怖。C’) “そして、性別を問わず、ストーリーの展開を刺激する予定です。

「サーフビート」は、ウェブトゥーンとドラマとして同時に開発されています。 今年6月にネイバーウェブトゥーンで発売予定のウェブトゥーン「CBetweenBand D」は、計画の初期段階からドラマに発展する2トラック方式を採用しており、消費者に提示する準備ができています。ドラマ「バランスゲーム」を題材に様々な分野で活躍中、ウェブトゥーン「ヨウイジュ」(カカオウェブトゥーン)の作家、キム・ハンソク(コンティメーカースタジオ)が参加するウェブトゥーン「テ」も開発中。 この共同で保護されたソースIPをさまざまなコンテンツとして使用するマルチメディアフランチャイズを通じて、Webトゥーン、ドラマ、映画の領域にまたがる強力なIPとして、CRT、画面、モバイルデバイスで多くの楽しみを提供することが期待されます。

Megabox JoongAng PlusMは、「Dongju」、「Park Yeol」、「Little Forest」、「Jasan Eobo」、「Kingmaker」、続いて「Hunt」、「Negotiation」など、作品で認められた数々の映画を上映しました。 ‘。 、「Dream」と「Bogota」は、競争力のあるビッグイベントの仕事をリリースしようとしています。 映画に加えて、今年はTVINGのオリジナルドラマ「I Did n’t Do My Best」を皮切りに、他にもユニークなドラマを企画・開発し、より多くの視聴者に公開していく予定です。

2 You Dream Co.、Ltd.は、世界一のウェブトゥーンIPスタジオになることを目指して400以上のウェブトゥーンIPタイトルを蓄積し、250人のクリエイター、「Dokgo」、「Tong」、「Shark」、 「エクストリームナイト」。 、「キャッスル」やその他のオリジナルのウェブトゥーンは、日本、中国、北米、ヨーロッパ、東南アジアなどの世界市場に参入し、愛されています。 また、ウェブトゥーンIPベースのビデオで積極的に事業を拡大しています。 昨年、JTBCスタジオ(現スタジオルルララ)とのコラボレーションで制作された映画「シャーク:ザ・ビギニング」がTVINGで公開され、興行収入で成功し、アクションドラマ映画が公開されます。

このコンテストは、アーティストとプロのWebトゥーンプロデューサーが共同で、WebトゥーンIPの提出要請を受けた後、一定期間内に最初に選択されたIPプランを計画および開発する新しいタイプのコンテストです。 プロセスに関しては、最初のスクリーニングで12のアイデアが選択され、約3か月のインキュベーションプロセスの後に最終的に6つのアイデアが選択されます。

特に、インキュベーションの過程では、2You DreamのプロプロデューサーとMegaboxのデザインおよび制作チームが、現在のウェブトゥーン分野でのさまざまな経験に基づいて作品を開発するために、各作品に専用のコンサルティングシステムを導入します。ビデオ開発プロジェクト。 このように、両社は計画と開発の段階に積極的に参加し、新しい知的財産を実際に一般に引き付ける新しい概念的なコンテンツのバリューチェーンを構築することを計画しています。

Megabox JoongAng PlusMと2YouDreamは、ウェブトゥーンプロジェクト提出コンテストを実施しており、計画および開発された統合IPを使用してウェブトゥーンとビデオジョブを同時に実行することにより、黄金の卵を産むオリジナルの傑作を発見する予定です。 両社は、クリエイティブなコンテンツを探求する意欲を強く表明しており、企画開発から商業活動まで積極的に協力することを決定しました。

この調印式では、メガボックス中央日報プラスMと2Uドリームのノウハウを活かし、コンテンツストーリーの展開でシナジーを発揮し、複数のプラットフォームで視聴できる黄金のIPを見つけ、両社に勢いをつけていきます。コンテンツを世界中に拡大することが期待されています

記者キム・ソンウ、エンターテインメントニュースチームkim.sunwoo@jtbc.co.kr(コンテンツ本部)

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。