MSパンデミック時に働くのではなく幸福に焦点を当てるための価値観の変化

「労働者は高い柔軟性を期待しているが、経営陣はオフィスに戻ることを計画している」

パンデミック(感染症の世界的大流行)の間に、分析結果は、長期間自宅で働いた後、仕事よりも健康と幸福を優先するために値が大幅に変化したことを示しました。

Microsoft(MS)は、16日(現地時間)に、この情報を含む「2022WorkTrendIndicator」レポートをリリースしました。

今年2回目となるこの年次報告書は、世界中の労働者の調査、Microsoftのエンタープライズソフトウェアの使用パターン「Microsoft365」の特徴、LinkedInの求人市場の動向、求人検索と求人のためのソーシャルメディアに基づいています。検索MSエキスパートの分析結果です。

今年の調査は、韓国、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スウェーデン、日本、香港、オーストラリア、ブラジル、メキシコを含む31か国で31,000人の従業員を対象に実施されました。

その結果、従業員の53%が、パンデミック前と比較して、仕事よりも健康と幸福を優先していると述べました。

別の47%は、家族や私生活にとってより重要になっていると述べています。

MicrosoftのシニアバイスプレジデントであるJaredSputtertaro氏は、「それは単なる空の話ではなかった」と語った。 「回答者の18%は、過去12か月間に実際に仕事を辞め、仕事と生活のバランス、幸福、柔軟性を理由として挙げています。

「賃金はほぼ最低だった」と彼は言った。

スパルタロ副大統領は、世界中の労働者が仕事の価値と仕事と引き換えに諦めることに基づいて「それだけの価値がある」方程式を再定義していると診断しました。

「私たちは2020年3月に在宅勤務に入ったのと同じ人ではありません」と彼は言いました。 利点と利点があることに気づきました」と彼は言いました。

その結果、価値観や生活の中での仕事の状況が変化し、「柔軟性」は多くの従業員にとって妥協のない仕事になり、会社はそれを無視することはできません。

その結果、労働者の52%が、1年以内にテレワークまたはハイブリッドワークへの切り替えを検討すると述べました。

国別では、韓国は世界平均を43%下回っています。

日本(31%)はこれを下回り、フランス(34%)、ドイツ(35%)、英国(43%)、オーストラリア(47%)、カナダ(48%)は平均を下回りました。

一方、ブラジル(58%)、中国(59%)、インド(67%)では、在宅勤務またはハイブリッド勤務の方が世界平均を上回っていました。

テレワークに関する経営陣の見方は、従業員の見方とは異なります。

幹部の50%は、1年以内にフルタイムの事務作業を開始したいと述べています。

従業員と経営陣の間にはギャップがあります。

報告書は、経営陣はオフィスが働く価値があることを確認する必要があると述べています。

彼は、これには3つの要素、つまり適切なテクノロジー、オフィススペース、文化の組み合わせが必要であることを強調しました。

スプータロ副大統領は文化に特に重点を置いた。

テレワークオフィスのテクノロジーと再設計に多額の投資が行われていますが、文化の観点からはまだ多くの作業が必要です。

調査結果によると、ハイブリッドモードで働く従業員の38%が、最大の課題は「いつ、なぜオフィスに行くかを知ること」だと述べています。

一方、28%の企業だけが、いつ、なぜオフィスにいるべきかについて明確なルールを持っています。

「在宅勤務には大きなメリットがあります」とSputero氏は述べています。

しかし、これが機能するためには、経営陣はオフィスの役割について明確な目標を持っている必要があります。」

最後に、パンデミック後、従業員の労働時間は絶えず増加しており、「持続可能性がないため、これを中断する必要がある」と強調しました。

SM "パンデミックによる価値観の変化"

Microsoft 365の使用パターンを調べた結果、従業員の1日の労働時間と残業および残業の平均13%(46分)が過去24か月間で増加していることがわかりました。週、会議時間、 1人あたりに送信されるメッセージング会話が増加しました。

「柔軟性は「常に接続されている」ことを意味する必要はありませんが、注意しないとそうなります」とSpurtaro氏は述べています。 重要だ」と語った。

一方、マイクロソフトは、テレワークとハイブリッド作業を同じ日に行うのに役立つさまざまなコラボレーションツールに導入される新機能も発表しました。

メール管理/スケジューリングサービスであるMSOutlookを使用すると、会議の招待メールに返信するときに、リモートで参加するか、直接参加するかを選択できます。下の行に表示することにしました。

チームはまた、人工知能(AI)ベースの「スピーチコーチ」機能を追加しました。これにより、プレゼンテーション中の会話速度を制御し、聴衆の反応を確認し、16の言語でほぼリアルタイムで作業して、他国の従業員発言者の発言を翻訳する機能も導入されています。

ビデオ会議中に会議室に集まる人が増えると、「Surface Hub 2スマートカメラ」もリリースされ、カメラが自動的に画角、角度、距離を調整して、参加者全員を撮影します。スクリーン。

/ユンハプニュース

Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。