NATOは韓国と日本の間の短い5分間の会議を開催しますか? 韓国、米国、日本の間で話し合う可能性が高い

日韓公式首脳会談はがっかりしている…「参議院選挙を考えると微妙な瞬間」
韓国、米国、日本が開催されれば、三国間安全保障協力のテーブルは増える可能性が高い

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領がスペインのマドリッドで開かれる北大西洋条約機構(NATO)の首脳会談に韓国の指導者として出席し、韓国と日本の指導者間の「統合会議」の可能性が高まっている。プレッシャー。

ユン大統領と岸田文雄首相が「引き離し」の形で会談する可能性が提起された。

大統領府の関係者は22日のブリーフィングで、「別の会合も可能になると予想しているため、現時点では日韓首脳会談を予見することは難しい」と述べた。

「充実した」会議とは、通常、正式な手続きなしに会議室を出た後、会議室の隣で開催される非公式の会議を指します。

比較的低レベルのサミットとして知られています。

原則として日韓首脳会談は行われると言えますが、短期間の会合であるため、「首脳会談」とは言えないとも考えられています。

「サミットではないと言うなら、ノーと言わなければならない」と当局者は言った。

別の関係者は、「韓国と日本の首脳は、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドの首脳会談の会合場所(要約)と日米会議で3回以上会合した」と説明した。 。

公式の日韓首脳会談の可能性はありそうもない。

文在寅大統領と安倍晋三首相が中国の成都で首脳会談に出席する機会として二国間会談を行った2019年12月以降、日中韓首脳会談は開催されていない。

日本は来月10日に衆議院選挙を行う。

大統領府は、選挙前の日本の内政情勢は、両国の関係ではなく、変動しやすいと説明している。

これは、日韓首脳会談が開かれると、政治的に敏感な過去の問題が必然的に議論されるためである。

それはまた、比較的「短くて軽い」会話をすることができる「非公式の話し合い」の新しく追加されたオプションの背景として解釈されます。

大統領府の関係者は、「選挙が目前に迫っており、外交は国内政治にも使われている。

そのような危険が潜んでいるのではないか?」と彼は説明した。

「一方の側がもう一方の側にしがみついて施しを懇願しているように見えることとは何の関係もないことに注意していただきたい」と彼は付け加えた。

別の関係者は、「日本には政治的議題があり、海外での重要な多国間協議に参加した後、韓国と日本の間でより具体的な問題を交換するための「勢い」があると確信している」と述べた。

関係者は、「韓国と日本の首脳は互いにオープンであり、関係を改善する準備ができている」と述べた。 しかし、「日本の微妙な瞬間に、選挙問題があり、突然、外国でも、日韓の議題に会い、集中することができる。両国の間には懸念がある」と彼は説明した。

記者が「日本が外交的に日本にしがみつくところがある」と指摘したところ、「一方の党が誰かにしがみつく関係ではない。形成された」と述べた。

これに関連して、今月の29日から2年3ヶ月後に再開される金浦・羽田線と、朝鮮民主主義人民共和国の首脳間の「シャトル外交」を復活させる意向があると当局者は説明した。 。。

当局者は、「強制労働やその他の障害の問題を決定し、頭を合わせて意志を持っている限り、政治的および政治的コンセンサスで法的な限界を超える十分な余地がある」と強調した。

NATOが開催します

日韓首脳会談の可能性については、「まだ公式(議論)はないが、可能性は開いている」と述べた。

日韓首脳会談が成功すれば、2017年9月の国連総会で会ってから4年9ヶ月になる。

大統領府の関係者は、「会談が行われる場合、必然的に韓国、米国、日本の間の安全保障協力に焦点が当てられるだろう。

特に、最近の第7回核実験の可能性を非常に心配しています。」

日韓首脳会談では日本は消極的であるが、安全保障問題に直接関係する北朝鮮と中国の活動は、「朝鮮日本ホーニュー」首脳会談または韓国の比較的開かれた可能性の根底にあるように思われる。 -日米サミット。

安全保障協力を強化することは、政治的に負担の少ない資料でもあります。

また、韓国、米国、日本の三国協力は中国を念頭に置いた動きであると強調するために、3人の指導者が集まったという解釈もあります。

この会議では、NATOが中国の脅威に対抗するための措置を含む新しい「戦略的概念」を採用する可能性についても議論されています。

北朝鮮が第7回核実験に失敗した背景については、「中国の変数とコロナの変数19は複雑に作用しているのではないか」と分析した。 個人的な意見に基づいています。

「今秋、第20回中国党大会には大きな政治的議題があり、北朝鮮は第7回核実験によって引き起こされる可能性のある混乱を恐れて独自の方法で多くの(抑制)努力をしていることが知られている。北朝鮮の、「彼は言った。

「北朝鮮のクラウン19の状況は(外部的に)うまく緩和されたことが知られているが、世界保健機関(WHO)が指摘したように、潜伏期間と死亡率は科学的に正しくない」と彼は付け加えた。

北朝鮮の第7回核実験の兆候を含む朝鮮半島の深刻な治安情勢を考慮して、今回の訪問中、金城漢国家安全保障局長官は未解決の問題に対処するためにソウルにとどまることにした。

代わりに、国家安全局の初代副長官であるキム・テヒョと外務大臣のイ・ムンヒがツアーを主導する。

/ユンハプニュース

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。