Naver Choi Suyeonは、5年間で10億人の世界ユーザーに到達し、15兆ウォンの売り上げを記録しました。

記者会見で、「グローバルフェーズ3.0…は異なるレベルのグローバルアクションを示す」
「『チームネイバー』に6社8社のCICとの相乗効果を期待している」

先月就任したネイバーのチェ・スヨン最高経営責任者(CEO)は、「5年以内に10億人のグローバルユーザーを保証する」「15兆ウォンの売り上げを達成する」という目標を発表した。

崔CEOは13日の朝、京畿道城南市盆唐区全彭洞178-4にある2番目のネイバーオフィスビル「1784」で経営陣を紹介する「ネイバーミートアップ」イベントを開催した。 国内および海外のパートナーシップの相乗効果を通じて「複数の」成長を生み出すグローバルフェーズ3.0に入りました。

ネイバーは、創業以来10年の挑戦を経て、LINEの世界舞台でのサクセスストーリーとして「グローバル1.0」を選びました。

次に、Snow、ZEPETO、Webtoonなどの垂直サービスをグローバルに拡大し、日本のZホールディングス、北米のWhatpad、ヨーロッパのAI研究、地元の新興企業への投資などのグローバルポートフォリオを追加することで、新たな課題の基盤を築きました。 「グローバル2.0ステージ」と評価されました。

◇グローバル3.0オープニング…日本、北米、ヨーロッパに拡大
崔CEOは、「単一企業ではなく、さまざまな企業やパートナーとのコラボレーションを通じて成長するチームネイバーは、日本、北米、ヨーロッパ、そして韓国に新しいグローバルビジネスエコシステムを構築するだろう」と強調した。

グローバル3.0フェーズでは、チームネイバーが日本、北米、ヨーロッパ向けに最適化された形で構築した独自のビジネスモデルを組み合わせ、それを可能にしたネイバー独自の高度な技術競争力でグローバルな成長を加速することを計画しています。

同社の計画によれば、チームネイバーの全分野が日本で進出する。

ネイバーのエコシステムモデルは、日本のZホールディングスの中小企業(SME)エコシステムに適用されます。

また、B2Bビジネスと、Lineworks、Cloud、Clovaなどのコアテクノロジーを拡大する予定です。

北米市場では、ウェブトゥーンを中心にコンテンツ事業を強化していきます。

Whatpadとともに、グローバルな知的財産(IP)バリューチェーンが拡大され、CEOのChoiとCFOのKimは、グローバルなパートナーシップを拡大するためのM&Aを積極的にサポートします。

Hiveと提携している世界的なファンダムプラットフォームであるWeverseは、今年、主に米国にサービスを拡大します。

機械学習、コンピュータービジョン、自然言語処理など、AIテクノロジーのグローバルな競争力を強化するNAVER LABS Europeの技術力に基づいて、ヨーロッパ市場でもパートナーシップが強化されます。

中小企業のエコシステムとネイバーが開発したコンテンツIPバリューチェーンを構築するノウハウは、ヨーロッパの垂直貿易およびコンテンツビジネスに適用されます。

◇縦メタバースプレビュー…世界初のロボット対応ビル「1784」も初公開。
崔最高経営責任者(CEO)はまた、垂直領域のメタバースを予見している。

ネイバーは、ZEPETOを中心に、ゲーム、メタバース、バーチャルリアリティ(VR)にさらに積極的に投資する予定です。

崔最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「事業開始以来一貫して競争力のある「コミュニティ」サービスは、メタバースの本質です。

ネイバーは、今年の後半にコミュニティメタバースをスポーツサービスに適用することから始めて、ウェブトゥーンとエンターテインメントの分野で垂直メタバースを導入することを計画しています。

この日、ネイバーは1784年に最初に2番目のオフィスビルを屋外にオープンしました。

ネイバーは、彼の住所(チョンジャドン178-4)から2番目の1748年のオフィスビルプロジェクトの名前を取り、「産業革命が始まった年」の意味を与える大規模な技術的収束のためにオフィスビルに名前を付けることにしました。 。

同社は、1784年は世界初のロボットサイズの建物であり、Naver Labs、Naver Cloud、Naver Works、Clova CIC、Glace CICによってさまざまな技術が研究開発された「技術コンバージェンスの建物」であり、巨大な技術テストベッドであると説明しました。 。

崔最高経営責任者(CEO)は、「1784は、チームネイバーがさまざまな技術を実験して統合する際の相乗効果を高める巨大なプラットフォームになるだろう。私たちは自分自身に挑戦し続ける」と付け加えた。

最高財務責任者(CFO)のキム・ナムソン氏も、「研究、商取引、エンターテインメント、テクノロジー、クラウド、ロボットなど、さまざまな分野ですでに世界的な成長を遂げている。大きなアドバンテージがある」と語った。

ネイバー・チェ・スヨン "5年間で10億人のグローバルユーザーに到達し、15兆ウォンの売り上げを達成"

/ユンハプニュース

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。