NPixelの「GranSaga」は、ホームIPでこれまでで最も多くの日本の予約注文を集めています

NPixelの「GranSaga」は、ホームIPでこれまでで最も多くの日本の予約注文を集めています

ゲーム業界で最も短期間でユニコーン企業となったNPixelが開発した「GrandSaga」は、国内の知的財産の受注を最大化することで、日本市場での成功の可能性を高めています( IP)。 NPixelは、日本のユーザーの好みに合わせてゲームをローカライズし、今年後半にリリースされるまで、さまざまなプロモーションやイベントを通じてローカルユーザーにゲームを通知します。

NPixelによると、日本のグランドサーガの事前登録数は260万を超えています。 これは韓国のゲームの歴史の中で2番目に高いです。 これは、新しいIPの点で、また大規模なマルチプレイヤーオンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)の点でも1位にランクされました。

これまで日本で最も多くの事前登録があったゲームは、ネットマーブルの「七つの大罪」です。 それは330万人を引き付けました。 100万人に到達するのに約27日かかりました。 日本の人気アニメをベースにしたゲームは、日本のAppStoreの売上高で4位にデビューしました。

グランドサーガの100万の評価は七つの大罪よりわずかに高く、事前予約が現在進行中であるため、七つの大罪を超える記録を樹立する可能性が期待されます。

MMORPGに絞り込むと、事前登録が最も多いNCsoftの「リネージュ2M」の226万点を超える記録です。 リネージュ2Mは、100万人を採用するのに35日かかりました。 「リネージュM」は183万本、パールアビス「ブラックデザートモバイル」は170万本、「リネージュ2レボリューション」は163万本を記録した。 100万人に到達するのに、それぞれ67日、44日、95日かかりました。 ゲームが新しいほど、100万人に到達するまでの時間が短縮されます。これは、日本市場に最初に参入した韓国のMMORPGが、日本のユーザーにゲームの認知度と楽しさを提供したためと思われます。韓国人。

グランドサーガの260万人の事前登録数は、MMORPGのジャンルであるため、外国ゲームの墓地と呼ばれる日本での期待を高めています。 日本では、韓国や中国に比べて架空の事前予約数が少ないため、対象ユーザーのみが参加する傾向があります。

ただし、予約注文の数は興行収入を保証するものではありません。 成功または失敗は、ローカルユーザーをターゲットにするための戦略とローカリゼーションのレベルによって異なります。 1か月で25万件の予約注文を集めたネクソンの「ブルーアーカイブ」はGoogleの売上高で5位にランクされ、165万件の予約を記録した「デスティニーチャイルド」は引き続きトップにランクインしました。リネージュ2MおよびリネージュMより。

NPixelは、日本のユーザーの好みに合わせてゲームをローカライズし、さまざまなプロモーションやイベントを通じてローカルユーザーにゲームを積極的に宣伝する予定です。 地元のショーケースや東京ゲームショウを通じて、ユーザーとの接点を広げ、日本のJRPGを象徴するイラストレーターである天野喜孝氏が参加する新しいイラストロゴのリリースなど、積極的な活動を行います。

「セブンナイツ」との韓国のモバイルゲームで日本で初めて活躍したペ・ボンジョンとチョン・ヒョンホの共同代表の経験は、グランドサーガにも反映されています。

グランサガの日本への参入は、急速に成長しているN-Pixelの将来の成長とグローバル競争力を確認するための舞台となるはずです。 NPixelは、日本をビーチヘッドとしてグローバルサービスを拡大する予定です。続編のChrono Odysseyは、来年、コンソール、PC、モバイルデバイスでリリースされる予定です。

レポーターイ・ヒョンスhsool@etnews.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。