Stray Kids、自作曲でいっぱいの「マニアック」ワールドツアー

JYP提供

Stray Kidsグループは、グループの色でいっぱいの2回目のワールドツアーを開催しました。

ソウル松坡区蚕室室内体育館で4月29日から5月1日までの3日間、第2回ワールドツアー「StrayKids第2回ワールドツアー「MANIAC」」が開催されました。 ソウル最終日1日17:00には、BeyondLIVEプラットフォームでオンライン生放送も行われました。

最初のワールドツアー「StrayKidsWorldTour」第9地区:ロック解除「」から約2年5か月後、対面のソロコンサートに出演したメンバーは次のように語った。 「バンチャンは「ファンのおかげでいつも力をつけられる」と言って、コンサート3日目は見栄えが良かったです。

JYP提供JYP提供

JYP提供JYP提供

StrayKidsのメンバーはステージに完全に参加していました。 「自主制作グループ」という言葉に沿って、自作曲がラインナップされ、アイデアが盛り込まれました。 28のプレイリストのうち15はライブバンドとして発表され、ファンの豊かなサウンドに満足しました。

Stray Kidsは、バンチャン、チャンビン、ハンで構成されるグループの制作チームである3RACHAがメンバー全員にクレジットされたアルバム「ODDINARY」でキャリアのピークを迎えました。 コンサートはツアーのタイトルでもある「Ordinary」の「MANIAC」というタイトルで始まりました。 「オーディナリー」の曲に加え、ヒット曲「バックドア」「ゴッドメニュー」「シンガー」「TOP」「メイズ」を歌った。 バンチャンとヒョンジンの2人のメンバーのユニタリーソングとしてリリースされたセカンドレギュラーアルバム「NOEASY」の8曲バージョン「Obsession」など、別のステージも用意された。左。デビュー前のマーク。

ソウルで2回目のワールドツアーを開始したStrayKidsは、6月11日と12日に日本の神戸、18と19に東京、28と29にアメリカのニューアーク、7月1日にシカゴで開催されます。 3日、6日ワースのポートで、9日と10日はロサンゼルス、12日は​​オークランド、14日はシアトル、26日と27日は日本の東京を含む10都市で18回のコンサートを行います。世界中のファン。

レポーターファン・ジヨン、エンターテインメントニュースチームhwang.jeeyoung1@jtbc.co.kr(コンテンツ産業本部)

広告

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。