VARがサッカーの半分を殺したと主張する日本の審判をめぐる論争:ネイトニュース

[스포츠경향]

日本からの国際審判は、VARに関する彼の発言について物議を醸しています。

12日、元日本のサッカー代表チームである播戸竜二が、審判の家元正樹をYouTubeチャンネルに招待して講演を行った。

家元は、日本で多くの物議を醸している審判の一人です。 たとえば、2008年のJリーグスーパーカップでは、11枚の警告と3枚のレッドカードを含むカードの授与が1年間禁止されました。

2016年のJリーグチャンピオンシップの最終決定も物議を醸したため、SNSは閉鎖され、2017年には誤解により2試合が禁止されました。

今回はVARの発言で物議をかもした。 「VARはサッカーを半分に殺した」と彼は言った。

坂東は家元審判にVARの導入について尋ね、家元は「VARの導入は避けられなかった。プレーヤー、メディア、サポーターを含む多くの人々がVARの導入を強く要求した。それは避けられなかった」と述べた。それは事前に確立された秩序であるという考えを表現しました。

しかし、彼はVARについて批判的な考えを表明しました。 彼は次のように述べています。「過去に、ディエゴマラドーナの「神の手」の事件がありました。これは芸術だと思います。」マラドーナの「神の手」事件は、サッカーのヒーローであるアルゼンチンマラドーナが彼のボールを打ったときに起こりました。 1986年ワールドカップのイングランド戦の準々決勝に出場しました。その時点で、レフェリーは適切にコントロールできず、マラドーナがファウルで得点したゴールが認められました。論争の中で、マラドーナは次のように述べています。神の手が一緒に成し遂げられた」と伝説の「神の手」事件が完了しました。

家元は「神の手」はファウルではなく芸術だと述べただけで物議を醸したが、「VARはうまく機能しない。すべてのビデオとサッカーの最大の魅力である感覚をチェックすることで時間が遅れているスピードと継続性の低下が解消されました。VARはサッカーを半分に殺しました。」

家元の主張は、VARの主な欠点の1つです。 ただし、正確な判断のために導入するのがVARの目的です。 家元の主張は、VARの導入の目的を反証するための論争を引き起こしました。これは、正確な決定よりもサッカーの楽しさをより重要にすることが重要であることを示唆しています。

また、オフサイドセンサージャッジメントの導入に関しては、「レフリーは何をしているのか」と自分の興味だけを考えていると批判される。

オンライン特派員キム・ドゴンkim2010@kyunghyang.com

スポーツトレンドに関するニュース

キム・ヒョンスク14kgの減量、著しく変化した美しさ
「予想通りイ・ヒョリ」の定期的な「ソウルチェックイン」は2000万回の訪問を超えました
ミジャ♥キム・テヒョン、今日結婚「元気に生きる」
LeSeraphimは5月2日にデビューを確認しました
[단독] ユ・ジテが「悪役の黄金時代」に出演ジンヒョク監督に参加
「イ・ミンジョン♥」イ・ビョンホンがアメリカに行く「#マスターズ#アウグスタ」
[단독] 「ハワイ」で新婚旅行をしているヒョンビンとソン・イェジン
「騒々しい」防弾少年団の特別兵役に対する賛否両論
「高校パパ」のアーティスト同士の暴力論争…プロデューサー「友好的に問題解決をお手伝いします」
「私のガールフレンドはキム・ジミンです」キム・ジュノの告白→タク・チェフン「酔っていませんか?」 不信

▶SNSスポーツトレンド [트위터] [페이스북]
▶▶ [스포츠경향 바로가기] [인기 무료만화 보기]
▶▶ [지금 옆사람이 보고있는 뉴스]

[ⓒ스포츠경향(http://sports.khan.co.kr), 무단전재 및 재배포 금지]

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。