[World Now] 「佐渡金山」アプリの背後にいる阿部?…岸田、2回の電話で決めた

明治時代以降に建設された佐渡金山トンネル [사진 제공:연합뉴스]

今日の朝日新聞によると、日本政府内の支配的な見解は、世界遺産としての佐渡鉱山の推薦を拒否することでした。

これは、佐渡金山が「韓国人の強制労働の場」であるという韓国の反対により、ユネスコ世界遺産委員会に拒否される可能性があるためである。

そのため、先月28日、文化庁文化庁も佐渡金山を世界遺産推薦候補に選出し、日本政府への最終決定を延期した。

報道によると、この傾向が日本のメディアによって広まったとき、与党自民党内の強硬派議員が抗議し始めた。

自民党政務調査委員会の高市早苗委員長が19日の記者会見で「日本の名誉だ」と憤慨したとき、岸田首相はすぐに安倍首相に助言を求めた。

翌日の20日、自民党最大派(安倍派)の会談で、岸田文雄前首相は「登録を要求しないのは間違いだ。 (韓国との)議論を回避する形。」

[World Now]    「佐渡金山」アプリの背後にいる阿部?...岸田、2回の電話で決めた

バイデンと岸田が最初の公式ビデオミーティングを開催 [사진 제공:연합뉴스]

朝日首相は、安倍首相の発言を受けて首相官邸の雰囲気が変わったと報じた。

しかし、岸田首相も米国側の業績に注目した。

岸田首相が21日にジョー・バイデン米大統領とビデオサミットを開いた後、外務省と頻繁に連絡をとる米国務省当局者は、「今、私たちの同盟国は巨大な存在に直面している。中国、韓国、日本のそれぞれがうなる。その他、難しい」と述べ、日本側に懸念を表明した。

岸田首相は、日韓協力を高く評価している米国が、可能な限り暴動を起こさないほうがよいというメッセージを送ったとき、さらに腹を立てた。

一方、自民党の強硬派は佐渡金山を世界遺産に推薦することを強く求め、岸田首相は再び安倍首相に電話をかけた。

岸田首相は2回目の電話で、2015年に明治日本の産業革命遺産(明治日本の産業革命遺産)を記録した際に、韓国の強制労働への反対にどのように対応したかについて話しました。私が注目した韓国人の採用について。

安倍首相は、首相官邸から歴史資料などの証拠を集めて準備したり、現首相を補佐して韓国側と交渉したりするなどの説明をした。

安倍首相はまた、「当時、軍艦も朴槿恵(パク・グンヘ)保守党政権下にあったが、韓国は騒がしかった。

岸田文雄氏によると、岸田文雄氏は「ロックバッキング」を行っていた安倍前首相を無視できず、最終的に佐渡金山を世界遺産に推薦することを決定した。

[World Now]    「佐渡金山」アプリの背後にいる阿部?...岸田、2回の電話で決めた

安倍晋三元首相と岸田文雄首相 [사진 제공:연합뉴스]

毎日新聞はまた、佐渡金山の勧告に関する「保留」から「強制」への移行の背景を説明し、岸田首相は「低位外交」支持者の批判に動揺したと述べた。自民党と強い要求安倍前首相の推薦で。

岸田首相は、「今年7月の衆議院選挙を踏まえ、最大の派閥である安倍派を率いる安倍首相との関係維持を重視した」と分析した。

岸田首相が昨夜、佐渡金山を世界遺産に登録することを決定したと発表したとき、安倍晋三前首相は「首相の決定を支持する。

彼は冷静で正しく判断された。」

日本経済新聞は岸田首相の佐渡金山推薦決定を評価し、「日韓関係の改善が見込めない状況では、党の主張を聞くことを優先し、政権の安定を促進している。ベース “。

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。