日本は350キロ離れたホテルに到着した韓国人を検疫します…「施設の不足」

◀もう一度▶

日本政府は、300キロ以上離れた別の都市の住宅に東京に入った韓国人を隔離しました。

そのため、日本に到着してから10時間後まで入居しませんでした。

日本政府の説明によると、それは検疫施設の不足によるものでした。

特派員のコ・ヒョンスンが東京から報告します。

◀レポート▶

日本に25年住んでいるイ・ジェムンは3日、仁川から飛んで東京への玄関口である成田空港に到着した。

オミクロンの突然変異検疫は厳しくなっているため、指定された施設で隔離する必要があります。

李氏は午後12時20分に成田に到着した後、診断検査を受けて待合室で待っていたが、午後6時ごろに突然名古屋に行くように指示された。

午後8時30分ごろ、中部空港へのチャーター便に乗り、バスに戻り、空港近くのホテルで検疫に行きました。

[이재문 / 일본 재입국자]
「午後10時過ぎに部屋に入った。午後10時30分頃だった。疲れたと思う。何をするにしても、その時を待たなければならない…」

隔離されたホテルは、私たちが最初に到着した成田空港から300キロ以上離れた場所にありました。

同じ便で到着した韓国人を含む約150人が同じ不便を被った。

[이재문 / 일본 재입국자]
「国内線で350km離れた場所への往復でこれが必要だと思った。日本政府はこの種の仕事しか扱えないと思った(と思った)」

厚生労働省は、これは近くに検疫施設がないためであり、国籍による区別ではないと説明した。

[후생노동성 관계자]
「一部(到着)は中部空港に移動しました。(待機施設)が満員だったため、人種に関係なく移動しなければならない部分がありました…(国籍と)。」

実際、日本政府は7,000の検疫施設しか確保していないため、さらに多くの検疫施設を確保することが急務となっています。

[고토 시게유키/후생노동상]
「2,000〜3,000室(隔離施設)が不足する恐れがあります。そのため、追加の保管施設の確保に努めて​​います。」

日本では、本日、3番目に確認されたオミクロンの症例が確認されました。

確認件数が再び急増する可能性がある状況では、検疫措置がとれない状況が再び発生するのではないかと心配しています。

東京のMBCニュースのヒョンスンコです。

ビデオ取材:イ・チャンシク、キム・ジンホ(東京)/ビデオ編集:キム・チャンギュ

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトークレポート@mbc

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。