[손현덕 칼럼] 聖なる戦い-意見

「私たちは道徳的優位性をもって日本をリードします」
政治指導者に
金滉植元首相


拡大画像を表示

金滉植前首相が政治指導者の持つべき美徳として示した「聖闘争」。 権力の追求を超え、国の経営と利益を考慮した使命感。 その過程で、政治的損失を負担するための犠牲の精神。 ドイツの歴代首相を研究した金前首相は、先月毎日経済新聞とのインタビューで彼の考えを明らかにした。 東部でのウィリー・ブラントの領土放棄と、核配備を主張したヘルムート・シュミットの「二重決定」により、今日のドイツは強力なヨーロッパの大国となり、ゲアハルト・シュレーダーのハルツ改革により、ドイツはヨーロッパで病人から逃れることができました。 彼はそれを聖なる戦いと呼んだ。

ドイツでは、国益にかなう一方で、世論に反するふりをしていても、過半数に惹かれるのではなく、国民や相手方を常に説得しているのを見てきました。

韓国の政治には「聖闘争」を示す一節があります。 任期満了を迎える文在寅大統領にとっては最後のチャンスであり、2週間後に生まれる新大統領にとっては最初の挑戦となる可能性がある。 日本との関係の改善です。 「佐渡金山が爆発したのは昨日だけでしたが、それはばかげていますか?」 彼は彼の鈍くてばかげた現実感を非難することができた。 しかし、1962年にテキサスライス大学で行われたジョンF.ケネディ米国大統領の演説のように、「簡単だからではなく、難しいから」という理由で、それだけの価値があります。

佐渡金山だけではありません。 どこを見ても簡単な場所はありません。 いたるところに地雷原があります。 慰安婦の問題はまだ回転しており、強制労働の裁判と補償は最悪の悪いニュースになるでしょう。 日本が環太平洋パートナーシップ(CPTPP)に参加することをめぐって生じる福島のシーフード論争は時限爆弾です。

日本との関係を改善することは、韓国と米国の同盟を強化するための入り口でもあります。 これが、この問題を解決することが非常に重要である理由の1つです。 トニー・ブリンカーン米国務長官は、約1年前に韓国と日本を訪問する前に、「日韓関係ほど重要なことはない」と述べた。

確かに、アメリカの財団へのはるかに親密な手がかりは、戦略国際問題研究所(CSIS)との最近のインタビューで国務次官補のマーク・ランバートが行った発言です。 「韓国と日本が協力しなければ、韓国、米国、日本はすべて安全性が低下することは明らかだ」と彼は率直に率直に言った。 米韓連合司令部と在韓米軍同志会が一週間前に共催したビデオ会議で、彼はほとんど変わらずに同じことを言った。 米国側では、日韓関係の悪化がインド太平洋戦略の実施の最大の障害となっています。 そのため、文在寅大統領または次期大統領に、この問題を解決する勇気と決意を持ってもらうよう命じました。

この点で、最近の新聞とのインタビューでの日韓関係の改善に関する金前首相のコメントは非常に示唆に富む。 「日本はドイツのように謝罪することはないだろう」と彼は言い、「私たちは限界を認識し、真実と正当性を見いだす」と示唆した。 キム前首相は、「第二次世界大戦後、被害国であるフランスが最初に侵略国であるドイツと接触した。それは聖戦となるだろう。

北京冬季オリンピックのコメンテーターだった李相花が、日本人の同僚との友情について語る。 平昌で敗れて金メダルを獲得した小平奈緒が500mスピードスケートでスローパフォーマンスを見せたとき、李相花は「あきらめないで。最後まで!」と叫んだ。 ゴダリアが17位で試合を終えたとき、彼が抑えていた涙が爆発した。 ゴダイラはそのような理想を訪ねて挨拶します。 「お元気ですか?あなたがいなくて寂しかったです」と彼は言った。 韓国と日本が10分の1のスポーツしかなかったとしたら、日韓関係は今日のようにはなっていなかっただろう。

[손현덕 주필][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。