「日本海は国際社会で認められている唯一の名前です」…日本はYouTubeにビデオを投稿しました

YonhapNewsの写真提供

日本政府は、国際社会で日本海と呼ばれる東海の名前を宣伝し始めていることが確認されています。

先月27日、外務省はYouTubeで「日本海-国際社会で認められている唯一の名前」というタイトルの動画を公開しました。

ビデオは言った:「ヨーロッパ人は知っている。

「日本海は、地中海が地中海であるのと同じように、日本海である」と元ドイツ国防相のフランツ・ヨーゼフ・ユングは述べた。

外務省は、ビデオの中で「日本海」という名前は日本によって付けられたのではなく、日本の孤立期にヨーロッパで広く使用され、その後国際社会に広まったと述べています。

さらに、ビデオでは、米国、英国、ロシア、ドイツ、フランスを含む5か国の何千もの古い地図を見ると、19世紀に公開された地図の約90%が日本の海の表記を使用していると付け加えました。

また、国連は2004年に、日本海を公式文書の標準的な地名として使用するという方針を確認したことにも注意してください。

外務省はユングの発言を紹介し、韓国は1992年の国連地理的命名標準化会議で突然東海に名前を変更したか、日本海の武器と東海を主張した。「これはは一方的に国際慣行を変える試みであり、そのような試みは許されるべきではありません。」

このビデオは英語の解説付きで再生され、韓国語、英語、ドイツ語、アラビア語を含む10言語の字幕を選択できます。

昨年11月に国際水路機関(IHO)が開催した会議で、「東海」や「日本海」以外の数字をデジタル地図に表示する方法を導入することが決定されました。

しかし、外務省はこの事実をビデオで開示しておらず、日本海が紙の地図を作成するために使用される基準であるガイドライン「S-23」にのみ示されているという事実は、正式に使用することができます。将来的には

2014年、日本政府は「世界にちなんで名付けられた日本海」というタイトルのビデオを日本語版と韓国語版で制作し、公開しました。

日本政府は、最近の紛争での議論を促進するためにYouTubeを積極的に使用しています。

2か月前、汚染された水をALPSでろ過し、希釈して海に排出するという福島原子力発電所のコンセプトの安全性を宣伝するために、6か国語の字幕付きのビデオが公開されました。

ビデオには、「福島原子力発電所から放出されるとトリチウムを含む水が希釈されるため、都市に住む、アルコールを飲む、または肥満になるよりも健康への影響がはるかに少ない」という効果の説明も含まれています。

東京電力は、福島原子力発電所の廃炉中に発生した様々な問題を迅速に開示しなかった。

外務省当局者は本日、聯合ニュースとの電話で、旭日旗に関する日本政府の立場を含むビデオがまもなく複数の外国語で公開されると述べた。

先月英語版をリリースしましたが、これは広告効果を高めるためのフォローアップ手段です。

旭日旗は「日本文化の一部」であり、スポーツ応援の士気を高めるために使われているなどの説明があります。

太平洋戦争中に日本軍の旗として使用された旭日旗の使用は、軍事主義を支持する行為であり、日本政府が侵略された国に害を及ぼすことを指摘する言い訳です。 。または日本によって植民地化されました。

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。