アメリカのメディアに焦点を当てたSEVENTEENの最初のUKシングル「Darl+ing」

セブンティーン

グループ17(S.Coups、Jeonghan、Joshua、Jun、Hoshi、Wonwoo、Woozi、The8、Mingyu、DK、Seungkwan、Vernon、Dino)は、外国メディアから脚光を浴びました。

最近、米国の音楽メディアであるビルボード、ローリングストーン、人気のティーンヴォーグ誌が、15日の午後1時にリリースされたSEVENTEENのデジタルシングル「Darl+ing」に焦点を当てました。

まず、ビルボードはセブンティーンの最初のUKシングル「ダール+イング」を「5月にリリース予定の4枚目のアルバムのプレリリース曲、セブンティーンのファンへの感謝とラブレター」として紹介しました。

ローリングストーンは、「韓国語以外の言語でセブンティーンの曲を披露することは、単に世界市場に参入するための戦略ではなく、ファンに感謝の気持ちを表すジェスチャーだ」と語った。 このメディアへのインタビューで、S.Coupsは次のように述べています。 。放送私たちが努力する限り、私たちは(別の言語で)録音するときに最善を尽くします。」

具体的には、5月の4枚目のフルアルバムのリリースで、星は「暖かくて情熱的」だと予測し、S.Coupsは「これまで私たちは正直で誠実な音楽を作ってきましたが、次のアルバムはそれを作りますアルバム。それは私たちの心をそのままより明らかにします。それはそうなるでしょう」と彼は付け加え、期待を高めました。

ティーンヴォーグは「SEVENTEENの新たな始まりを告げる曲であり、 『TEAM SVT』プロジェクトの出発点であり、待望の4thレギュラーアルバムからのプレリリース曲である」として「Darl+ing」を紹介しました。 ティーンヴォーグのインタビューで、ウージーは「「ダール+ ing」というキーワードを使って、聞きやすく心地よい曲を作りたかったので、ボーカルに注目しました」と説明しました。

SEVENTEENの感性で世界中のカラット(ファンダム名)に語られる新しいストーリーを表現する「ダール+イング」は、特別な愛する人にアピールすると同時にプラス(+ )「あなたと私が出会って私たちのような完璧な人になる特別な」にサインします。それは「行こう」という意味を持っています。

「Darl+ing」は、発売と同時に国内外の音楽チャートにヒットした。 日本の主要な音楽サイトや海外のiTunesソングチャートでLineMusicとmu-moで1位にランクインし、シンガポール、フィリピン、エジプト、インドネシアを含む34の国/地域で1位にランクインしました。

セブンティーンが最初にK-POPアーティストとしてアップルとコラボレーションしたTodayatAppleリミックスセッションは、15日にアップルの明洞で始まり、アジア太平洋地域のアップルストアで開催されました。 また、全米の店舗にも拡大していきます。

レポーターファン・ソヨン、エンターテインメントニュースチームhwang.soyoung@jtbc.co.kr(コンテンツ産業本部)
写真=Pledisエンターテインメント

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。