オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

チームキャプテンの金恩貞と日本の藤澤五月が、14日に中国の北京にある国立水族館で開催された2022年北京冬季オリンピックの女子カーリングチームイベントに出場します。ニュース北京/ヨンハプ

また、にんにくは玉ねぎよりも辛かったです。 韓国の女子カーリングチーム「チームキム」は、14日に中国北京の国立水族館で開催された2022年北京冬季オリンピックの女子カーリングチームの試合で日本を10-5で破った。3勝3敗を記録したティムキムは、準決勝への期待を続けています。 貴重な勝利です。 韓国は2勝3敗で守備にあり、13日は中国(5-6)、14日はアメリカ(6-8)に次々と敗れた。準決勝で3勝しなければならなかった。以上の残りのゲーム。 その日を失ったら、スイス(世界ランキング2位)、デンマーク(10位)、スウェーデン(1位)を倒さなければならなかったでしょう。 唯一の木造の橋で出会ったのは、再び敵である日本でした。 韓国と日本は2018年平昌冬季オリンピックの準決勝で出場し、延長戦で8-7で勝利しました。 当時、韓国は8勝1敗を記録して1位で準決勝に進出し、日本は5勝4敗で4位に浮上した。 今回は状況が変わりました。 このトーナメントでは、日本が5勝1敗で1位になりました。 一方、韓国は2勝3敗で6位に終わった。 さらに、韓国はオリンピック予選の予選ラウンドで日本に2回会い、両方を失いました。 世界ランキングでは、韓国(3位)が日本(7位)を上回っていますが、持ち上げることができなかったことを意味します。 ティム・キムは、勝ちたいという願望と相まって、危機に追い込まれました。 1位(1点)で首位に立った韓国は2位で2点を失い、3位で3点を急いで勢いをつけた。 チームキャプテンの金恩貞(32)の最後のショットは、ほとんど中国人でいっぱいの観客の賞賛で爆発したほど素晴らしいゲームでした。 次の第4ラウンドでは、韓国がポイントを追加し、ゲームはさらに5-2に傾いたように見えた。

14日に中国の北京国家水泳センターで開催された2022年北京冬季オリンピックでの女子カーリングチームイベントの8回目のフィニッシュ後、チームキムハイファイブ。ニュース北京/ヨンハプ

しかし、日本の反撃も激しいものでした。 日本は守備を押し進め、5位で2ポイントを獲得し、恐ろしい5-4でフォローを開始しました。 あごに追いかけられたティム・キムの観点からは、日本の勢いを完全に打ち破る必要がありました。 ティム・キムはまた、マネージャーのイム・イムソプが戦略について話し合ったときなど、対抗策を検討していることを示した。 6終了を続行します。 連勝は通過しますか? ティム・キムは、日本の追求意欲にもかかわらず、2ポイントを獲得することでギャップを7-4に広げました。 勢いを増した韓国は、7位でポイントを獲得して勝利を収めた。 8位で1ポイントを失ったものの、9位で2ポイントを加えて10-5に上げた韓国が勝った。 韓国と日本は平昌大会の代表的なライバルとして浮上しました。 特に、韓国代表は慶尚北道義城出身であるのと同様に、日本の代表チームも北海道北見出身であるため、「類似試合」と見なされます。 にんにくが得意な義城と同様に、北見も玉ねぎの最大の生産国であるため、にんにくと玉ねぎの戦いと呼ばれることもあります。 日本に勝利して気分を変えた韓国は、16日10時5分(韓国時間)にスイスと対戦する。北京/リー・ジュンヒ記者givehappy@hani.co.kr

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。