ゴダイラ危機の理想化の涙…「友情には国境がない」日本も感動した

日本はまた、北京で続いた韓日スピードスケートスターの李相花と小平奈緒の友情に感動した。

2018年平昌冬季オリンピックの女子500メートルで1位に終わった小平奈緒は、2位に終わった李相花を抱きしめています。 [뉴스1]

読売新聞は14日、「李相花の涙に感動した…「友情には国境がない」という記事で、友人の李相花が貧しい人々のために泣いたと報じられた。小平はその日と一致する前。

2018年平昌冬季オリンピックの金メダリストであるコダイラは、前日の北京冬季オリンピックの女子500mスピードスケートで17位にランクされました。 試合後、ゴダイラは「最初のステップで左足を引っ掛けたので、正面が白くなった。直せなかった」と語った。

その日、KBSのコメンテーターとして放送していた李相花は、残念な結果に涙を流し、「重い王冠の重さを乗り越えていると思ったが、心理的なプレッシャーは本当にあるようだ。素晴らしい。”

「真のライバルであり友達」

試合後、李相花(イ・サンファ)コメンテーターが日本のテレビ放送でスタジアムの横にあるハンカチで涙をぬぐったとき、彼らの友情への賛辞がSNSやツイッターに波及した。 「本当に素晴らしいです。友情には限りがありません」、「平昌オリンピックを思い出します。私たちはとても親密なようです」、「良いライバルと友達を見たと思います」など。

サンケイスポーツやスポニチなどの日本のスポーツメディアも、4年前に金メダルを争った李相花がゴダイラの試合を心から応援して泣いたと主張した。

日本の小平奈緒は、13日の午後に中国の北京にある国立スピードスケート競技場で開催された2022年北京冬季オリンピックで女子500mスピードスケートを終えた後、リンクを走り回っています。ゴダイラは38.09の時間で17位で終了しました。 [연합뉴스]

日本の小平奈緒は、13日の午後に中国の北京にある国立スピードスケート競技場で開催された2022年北京冬季オリンピックで女子500mスピードスケートを終えた後、リンクを走り回っています。ゴダイラは38.09の時間で17位で終了しました。 [연합뉴스]

李相花とコダラは高校で韓国と日本の友好的な交流の中で出会い、長い間友達でした。 李相花はいくつかのインタビューで、「ナオが最初に私に話しかけた。彼の性格は素晴らしく、思いやりがあり、勝利感も素晴らしい」と賞賛した。

平昌冬季オリンピックで、両者の友情が広く知られるようになりました。 その時、女子500メートルで1位を獲得したゴダイラは、2位でラインを越えた李相花に近づき、李相花を抱きしめて慰めた。

女子500mスピードスケートイベントでは、コメンテーターの李相花が2010年にバンクーバー、2014年にソチで金メダル、2018年に平昌で銀メダルを獲得した。ゴダイラは平昌でのこのイベントで初の金メダルを獲得した。

サンファ・リーは平昌オリンピックの後に引退したが、ゴダイラは股関節痛に苦しんでいたにもかかわらず、北京オリンピックの準備をした。 試合後、ゴダイラは「サンファは出場していなかったが、 『来ればできる』と励ましてくれたので、安心した」と語った。 ゴダイラは、17日に平昌で2位に終わった女子1000mスピードスケートイベントにも出場する。

東京=特派員イ​​・ヨンヒmisquick@joongang.co.kr

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。