チュー・ソンフン、青木との15年の関係は終わりますか?

「ONEChampionship」で活躍する4歳の総合格闘技家、チュー・ソンフン(47、秋山成勲)の対戦相手が決まった。 対戦相手は「どぐわん天団(跳關十段)」の青木真也(39、日本)。 2人は26日にシンガポールで開催されるOneChampionship197のライト級で対決します。

チュー・ソンフンは、昨年4月の163ワンチャンピオンシップで、元ライト級チャンピオンのエドワード・ポーラヤン(38歳、フィリピン)と最初に対峙していた。 残念ながら、対戦相手の負傷により試合はキャンセルされ、340日(11ヶ月6日)後にようやく試合が行われました。 40歳になっても武道への情熱を諦めなかったのはチュ・ソンフンであり、長年の試合への意欲が高い。

青木との試合は、チュー・ソンフンの観点からは重要なようだ。 2008年、青木は当時K-1が運営していた総合格闘技大会「ドリーム」を通じて、チュー・ソンフンとの戦いを求めた。 しかし、その時は戦いは起こりませんでした。 彼らは両方とも彼らの黄金のスキルを披露し、また彼ら自身のキャラクターを構築していましたが、体重別階級からの不均衡は大きかったです。 当時、青木は軽量で、チュー・ソンフンは中重量でした。 彼はどんな体重別階級にも出場できたはずだったが、チュー・ソンフンは彼を望んでいなかった。

 

青木真也(写真左)とソンフン・チュー ⒸONEチャンピオンシップ

その後も、青木はソンフン・チューをときどき過度に感じたと言うことを躊躇しないなど、さまざまな方法で挑発するのをやめなかった。 日本の舞台では、先輩と後輩の関係が固いことを考えると、「青木はチュー・ソンフンを無視していませんか?」という意見が多かった。 確かに、チュー・ソンフンは当時の日本の舞台で魔王と呼ばれ、悪役のように扱われたのは事実です。 評判の高い有名な日本人がチュ・ソンフンに次々とひざまずき、地元メディアも嫌悪感を表明した。

2007年の最終日、ソ・ジフンは「やれんのか!大晦日!」(以下、やれんのか)で、ウェルターウェイトグランプリチャンピオンの三崎和雄(46)を開催しました。 、日本)は間違った行動で重傷を負った。ステージに立って出血中に説教を聞いた彼は屈辱を受けた。チュー・ソンフンを嘲笑していた三崎は「日本人は強い! 」とコメントし、日本代表として金メダルを獲得したチュ・ソンフンを否定しているようだ。

青木はまた、チュー・ソンフンを認識せず、当時彼を嘲笑した人の一人でした。 青木は2007年から2010年にかけて世界ライト級で準優勝し、日本の総合格闘技の誇りとして知られていました。 2009年以来の日本の16勝の記録はまだ続いています。 チュー・ソンフンは2012年にウェルターウェイトに移行し、青木と青木の体重差は縮小した。 2015年にウェルター級デビューを果たしたほか、2017年のワンチャンピオンシップでもウェルター級タイトル争いを繰り広げました。

青木が前に出ていることを考えると、両者の重量差はなくなったと言っても過言ではありません。 昨年の日本の放送局チュ・ソンフンさんへのインタビューで、「(年を取っているので)動きやすいように軽くなければならない。軽いだけでなく、ウェルトウェイトもできる状態だ。 「」 チュ・ソンフンは主に体重別階級でプレーした経験があり、青木は彼の年齢で有利であるため、両方の戦闘機は試してみる価値があると分析されています。

プライドの時代に石田光洋と並んで軽量部門で最強の格闘家として注目された青木は、致命的な提出テクニックを誇っています。 アサリのような柔軟性から、ジャンプジョイントの第10ステージを意味する「Dogwansipdan」の愛称で呼ばれるほどのクリエイティブなジョイントまで、さまざまなレパートリーを誇っています。

青木のもう一つの魅力は、彼のテクニックの急速な成功率です。 長いレスリングバトルを繰り広げて退屈な試合を繰り広げる多くのサブミッションファイターとは異なり、これは積極的なサブミッションの試みを通じて素早く競争するスタイルです。

これが、彼の服従が地面に引き寄せられる相手にとって必然的により恐ろしい理由です。 逆に、見ているファンは暖かくて感動的な感覚を得ることができます。 彼のキャリアでの47回の勝利のうち、彼は提出によって30回(64%)勝ちました。 一方で、服従で敗北した事例は一度もありません。

かつてロードFCで「武術姫」の愛称で大人気を博したリム・ソヒ(25歳、南原チョン・ムムン)は記者との電話インタビューで、「チュ・ソンフンはロールモデルだと思う。若いファイティングマンのために。後半の年齢まであなたの体の世話をするファイターのようにプレーするのは素晴らしいことです。」 「まだバランスはいいのですが、青木は押しても一瞬で変えられる優れた提出スキルを持っているので、応援の観点から少し不安です」と語った。 不利になります。 ショットが早く出るので、KOで試合を終えたい」と語った。

時間がかかりましたが、ダイスが鋳造されています。 興味深いことに、チュー・ソンフンは、15年間彼を挑発してきた青木を制圧し、ベテランファイターとしてのプライドを守ることができます。

☞「OhMySports」のFacebookページ、視点のあるスポーツニュースに移動します

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。