ニュース

[서울=뉴시스]記者パク・サンヒョン=日本は「強敵」であるサウジアラビアを5連勝で破り、カタールでの2022 FIFAワールドカップの大会は霧に包まれた。

日本は、1日に埼玉スタジアム2002で開催された2022 FIFAワールドカップカタールのアジア地域の最後のグループB試合で、4試合連続でゴールを決めた伊東純也と2-0で勝利しました。

日本は、サウジアラビアに対して、自国からの圧倒的な攻撃力を示しています。 サウジアラビアは前半の早い段階で怪我、交代、警告で混乱に見舞われたが、日本は南野拓実と伊藤からの威嚇するような攻撃で際立っていた。 結局、前半32分、伊藤が右サイドを突破し、南野がディフェンスを破り、クロスでネットを振った。

コーナーキックであまり攻撃力を発揮しなかったサウジアラビアは、後半に力を発揮したが、5分に伊藤のMFがサウジアラビアへの扉を開いた。 昨年11月のベトナムとオマーンとの2試合連続で2得点を挙げた伊藤は、27日の中国戦後、再びゴールを決め、日本の決勝進出に決定的な役割を果たした。

その後、日本はサウジアラビアを猛烈に推し進め、快適な2ゴールの勝利を確保しました。

日本は、オマーンとサウジアラビアが第3ラウンドで攻略したため、決勝戦から1勝2敗で敗退の危機に瀕していました。 日本はサウジアラビアとの試合に勝ち、6勝2敗(18ポイント)を記録し、サウジアラビアがリード(6勝1引き、1敗、19ポイント)で差を1ポイントに減らし、ピリオドを追加できませんでした。

特に、3位のオーストラリア(W4、D2、L1、14ポイント)はまだオマーン(W2、D1、L4、7ポイント)に直面しています。 オーストラリアがオマーンに勝った場合、サウジアラビアとのギャップを2つに狭めるため、3チーム間の試合はヒートアップします。 さらに、オーストラリアがオマーンに勝った場合、サウジアラビア、日本、オーストラリアがグループの少なくとも3位を決定します。

この場合、残りの2試合で決勝戦のチケットを獲得し、グループ2位になりますが、オーストラリアが最も不利な立場にあります。 差はわずか2ポイントですが、来月の9試合目と10試合目のオーストラリアの対戦相手は日本とサウジアラビアです。 現在の状況では、オーストラリアは決勝戦に出場するために残りの2試合に勝たなければなりません。

一方、日本の最後の試合はベトナムで7試合負けているため、さらに3ポイントが追加される可能性があります。 ゲーム9のサウジアラビアの対戦相手も中国です。 サウジアラビアと中国の試合は中東でニュートラルな試合として行われ、オーストラリアとの決勝戦は自宅で行われるため、体力と距離の点ではるかに有利です。

◎連帯プレスニューシスtankpark@newsis.com

Matsushima Nobuko

「腹立たしいほど謙虚なコーヒーの第一人者。旅行の専門家。フリーランスのゾンビ狂信者。認定された問題解決者。食品学者。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。