ネイバーとソバンが協力して、日本の高精度地図を作成

メタバース市場を占領するネイバーの戦略が明らかになりました。 すでに2億人以上のユーザーを獲得しているコミュニティプラットフォーム「Zeppetto」と、デジタルツイン、ロボット、人工知能(AI)を両翼として組み合わせたテクノロジープラットフォーム「Arcverse」を使用します。 グローバル企業の中で初めて、仮想世界(ZEPETO)とミラーワールド(Arkverse)を同時に攻撃します。これは、企業間(B2B)と企業の両方を含む巨大なビジネスエコシステムであるメタバースの中心的な要素です。 to-individual(B2C)市場が開発され、Naverの成功への野心として解釈されました。 そのために、ソフトバンクと提携してグローバルに展開していきます。 ソース技術を確保し、実証するために、大規模な人材の採用が進んでいることが確認されています。

情報技術(IT)業界によると、ネイバーラボは、ネイバーのメタバーステクノロジープラットフォームであるArcbusエコシステムを作成するために多数の人を雇っています。 特に、Arcbusを構成する基本技術であるロボット、自動運転、拡張現実(AR)、マシンビジョン、ディープラーニングの分野で人材を採用し始めています。 彼は27の仕事に人材を採用しており、同社は海外で優秀な人材を確保することに注力していることで知られています。 ネイバーの関係者は、「採用人数に制限はなく、無条件に有能な人材を選ぶのが方針だ」と語った。 ネイバーは、ソフトバンクと提携してアークバスをグローバルサービスに拡大することを計画しています。 同日、NaverLabsのCEOであるSeokSang-okは、Arcbusプロジェクトの一環として、ソフトバンクと日本が市全体の高精細地図(HDマップ)制作プロジェクトを実施すると発表しました。 この目的のために、ネイバーの自社開発デジタルツインデータソリューション「A-Like」が使用されます。 このようにして、物理的な環境と同じ仮想都市を作成することができます。 両社は、欧州および世界各地で事業を拡大し、都市に導入して強化することを計画しています。

Arcverseは、メタバースを作成するためのテクノロジーを収集する「テクノロジープラットフォーム」です。 メタバースは、仮想世界とミラーワールドの2つのタイプに大きく分けられます。 仮想世界は、現実世界と類似または完全に異なる、デジタルで構築された代替世界です。 一方、ミラーワールドは現実世界と相互接続されたデジタルワールドです。 Naver ZEPETOは仮想世界に属し、Arcverseはミラーワールドに属しています。 将来的には、モビリティ、AR /バーチャルリアリティ(VR)、スマートビルディング、スマートシティなど、実空間を介したさまざまなサービスが社会や地図制作に応用されれば、無限の可能性があるとネイバーは考えています。アークバスを通じたビジネスの機会。 Naverは、Arcbusを最初にNaverの2番目のオフィスビルに展開することを計画しています。 ネイバーとソフトバンクが協力して、合弁事業の設立など、アークバスのエコシステムを拡大する可能性もあります。

ネイバーとソフトバンクは、メタバース事業のもう一つの重要な軸である「ZEPETO」を通じて企業の枠組みをまとめています。 アジア最大のメタバースプラットフォームであるZEPETOを運営するネイバーの子会社であるネイバージェットは、増資によりソフトバンク、ハイブ、YG、JYPから2,235億ウォンの投資を集めた。 主な投資家は間違いなくソフトバンクで、1750億ウォン、つまり総増資の80%を占めていた。 この投資は、グローバルなサービス拡大のための新規事業投資および人材採用に使用されます。 最大の市場の1つである北米とヨーロッパを対象とした戦略がまもなく発表される予定です。 投資銀行(IB)の分野では、世界クラスのエンターテインメント企業との協力が言及されています。 また、メタバースに基づく非代替トークン(NFT)のアクティブ化と、それ自体の仮想通貨の見積もりも興味深いものです。 Naver Jetは、仮想オフィスプラットフォームにサービスを提供するために、「風の国の凧」を開発したゲーム会社であるSupercatとの合弁会社を設立すると発表しました。

[진영태 기자 / 황순민 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。