ポケモンパンの人気で「ノージャパンを忘れましたか?」 日本のメディア「アニメは日本」::共感メディア通信社::

記事の概要

ポケモンコリアに支払われるポケモンロイヤルティ
「能日本を忘れた?」 ごめんなさい声
日本のメディアはまた、「日本は過去のものではない」と主張した。



[서울=뉴시스] 記者ヒョシクホン=ソウル中心部の大市場で、ポケモンパンの不足が続く6日の朝、市民が営業時間に間に合うようにポケモンパンを購入している。 2022.04.06。 yesphoto@newsis.com

[서울=뉴시스]キム・ヘギョン記者= 16年ぶりにSPCサムリップが再発売したポケモンパンの爆発的な人気が続く中、ネチズンの間で論争が高まっている。 ポケモンパンにポケモンキャラクターを使用して日本に高価なロイヤルティを提供することは残念です。

業界8によると、ポケモンは日本のアニメーションであり、著作権は日本の会社「ポケモンカンパニー」が保有しています。

SPC Samlipは、ポケモンカンパニーが100%所有する「ポケモンコリア」と、ポケモンパンの再発売に関するライセンス契約(使用権)を締結しました。 ポケモンキャラクター使用料(手数料)として、一定額のポケモンパンの売り上げが支払われる施設です。 SPC当事者は、特定のロイヤリティの詳細を開示できない立場にあります。

現在、さまざまなオンラインコミュニティで、ポケモンパンの入手方法に関する経験が豊富です。 ポケモンパンを覚えている20代から30代の人々だけでなく、10代以上の子供たちとその両親もコミュニティでポケモンパンを購入するプロセスを投稿しています。

しかし、その人気の裏には、「ノー・ジャパン」を後悔しているという噂があります。

Noh Japanは、2019年の韓国最高裁判所の労働補償に関する判決に応えて、日本政府が韓国に対して貿易報復措置を講じたことによって引き起こされた日本製品のボイコットを指します。

当時、国民は日本の不当な措置に反対し、日本から輸入された食品や飲料から衣料品や化粧品に至るまで、消費財のボイコットが広まった。 その結果、コンビニエンスストアの主な販売元とされていた日本ビールが棚から姿を消し、日本の衣料品ブランド「ユニクロ」が大きな打撃を受けました。

しかし、昨年、日本からの総輸入量が増加したため、ノージャパンへの熱意は衰え始めました。 2021年の日本の輸入額は546億ドルで、ボイコット前の2018年(546億ウォン)の水準に戻った。

実は、日本企業をめぐるノージャパン運動は終わったと言う人もいます。

日本のメディアもポケモンパンの流行に関心を持って報道し、「日本は終わっていない」と答えた。 日本のビジネスメディアであるGendaiBusinessは、4つのレポートでポケモンパンの人気を報告しました:「日本は過去のものではありません」。

メディアは、「最近、韓国では、日本のアニメ 『魔法戦隊劇場版』が韓国で人気を博しており、公開直後から視聴者数でトップの座を獲得している」と語った。

彼はまた、「ポケモンパンの暴動を見ると、能日本はすでに過去のものである」と指摘した。

✧支援プレスからのニュースchkim@newsis.com

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。