史上最大の政治的惨事…有権者はばかげている

「話す恐ろしい問題」は光州と全羅南道のメディア報道に焦点を当て、世界の市民にとって重要な問題を取り上げようとしています。 トピックが繊細で曖昧であるほど、それについて話すのは難しくなります。 2週間に1回お会いしましょう。[편집자말]

「ありがとう。私はあなたの恵みを決して忘れません。」
「選挙おめでとうございます。」

先週末、ソーシャルメディアは本当にお祭りでした。 お祝いのコメントは、「投票なしの選挙」のニュースと投稿に対するお祝いのコメントを発表することによって感謝した候補者に続きました。 候補者たちは勝利の喜びを隠さず、彼らを祝った党員と支持者は喜びを分かち合った。

しかし、多くの有権者が彼らの不条理を表明しました。 これは、選挙運動中に街頭を埋め尽くした広告熱と、火が点く前​​に候補者の側を発見できるテレビ討論が消えたという現実に直面したためです。 まるで私の貴重な成績の1つが一瞬で失われたかのようでした。 しかし、私の選挙区では、投票権のない選挙中に開催されるお祭りがあります。 有権者にとって、これらの選挙は「彼ら自身の政党」としてのみ見ることができます。

6月1日の地方選挙では、光州と全南だけで投票せずに68人が選出された。 候補者が1人しかないため、無投票で当選しました。 6月1日の選挙日に、お住まいの地域の有権者は他の有権者よりも少ない投票用紙を受け取ります。 これは、投票権のない地区が投票用紙をまったく印刷しないためです。


もちろん、この現象は光州と全南に限ったことではありません。 大邱県と慶北道の人気勢力が強まり続ける中、無投票で選出された75人が80の選挙区を去った。 選挙権なしで選出された10人の候補者のうち10人中3人(28.9%)が光州/全羅南道と大邱/慶北からだったという事実は、地方の一大政党制の問題と国家二大政党制の問題を明らかにしている。

特に選挙運動期間中、この地域では選挙は事実上「行方不明」です。 活動家、キャラバン、ポスター、広告、討論はありません。 これは、投票のない勝者の場合、キャンペーンが禁止されているためです。 ほとんどの有権者は、この期間中の選挙キャンペーンに興味を持っており、候補者の名前と顔を学びます。 しかし、このプロセスがなくなったとしても、それは単に選挙競争の消滅の問題ではなく、「政治」の基本的権利の侵害の問題になるでしょう。

有権者は投票しないことで選挙権を奪われます。 知る権利は、候補者の顔を見る機会を失うことによって奪われます。 投票権のない勝者でさえ、当選するかどうかを選択することはできず、彼の選択を奪うことになります。 これは、代議制民主主義の中核である選挙権を侵害します。 このような状況下で、投票権のない勝者は私たちの支持者、私たちの家族、そして私たち自身を代表していると言えますか?

これは史上最悪のコンテストです…


「予備選挙が間もなくやってくる」という政治的レトリックは確かに現実のものとなった。 民主党の選択は決勝の結果でした。 それは党員が意図したものではないかもしれませんが、結果はそうです。 そして、投票しなかった有権者の目は、民主的な指名プロセスに戻るしかありません。

地元メディアは、民主党の指名を「これまでにない不利な指名」、「ボロボロの指名」、「指名災害」、「不当な指名」と批判している。 再審と再選の要請から反発、党からの撤退、苦情と告発まで、原則のない予備選挙では、「史上最悪の地方選挙」と評価されています。

党内の主要なプロセスの破壊的な音は予告されていたかもしれません。 派閥紛争や指名形成など、党内の利害中心の問題が明らかになると、党内での健全な役割を期待する有権者は失望するに違いない。

 

しかし、光州や全羅南道の場合と同様に、他に競争する政党がないため、あるいはその代わりに、問題が発生し続けている。

これらの地方選挙は当初から「華麗な選挙」であったリスクが高かった。 大統領選挙直後に行われ、話題の「選挙区」が遅れたため、予備候補者の登録が遅れたという副作用が続いた。

この大統領選挙の開始時に、民主党の李在明候補は「政治改革」を呼びかけ、公正な政治構造への期待を高めた。 また、民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)大統領は「国民統一の政治改革計画」を発表し、「既得権益と政治の廃止」を皮切りに改革の意志を表明した。 「」

しかし、国会での議論の遅れや与党と野党の合意に至らなかったため、また選挙日がわずか50日で決まったため、公務員選挙法の改正は取り消された。最後に、彼は目がくらむような選挙を奨励したことで批判に直面した。

潜在的な候補者は、有権者に不十分な選挙情報を残す約束と政策の開発によって妨げられています。 さらに、都道府県議会議員の場合、各選挙区で1名のみが選出される小選挙区制が維持され、他の独立政党や候補者が立候補する余裕がなかった。

有権者に「希望」を与えるべき政治改革が終わった今、残っているのは「悲観主義」だけのようだ。

このような状況の中で、投票なしの選挙は、この地域の民主主義の危機を明確に示す情けの一撃です。

地方選挙の歴史の中で、投票なしでこれほど多くの選挙が行われたことはありません。 光州市議会では、20区のうち11区(55%)が過半数を占め、勝者は投票していません。 全羅南道議会にも55の選挙区のうち26の選挙区があり、議員の47.2%が議員の47.2%を占めており、そのほぼ半数が無投票で議員を務める。 順天と潭陽では、投票せずに2回連続で選挙が行われたケースがあります。

光州と全羅南道の場合、民主党は30年以上にわたって親会社と議会を独占していたが、選挙のたびに改革派の「挑戦」が続いた。 すべての選挙で無防備に走ることを批判する勢力がいた。

チェックとバランスは民主主義を支える2つの重要な柱ですが、この記録的な無投票選挙は、それらの柱が根を下ろしていることを示しています。 この状況が続くと、草の根政治に参入する新しい政治家はますます少なくなるでしょう。 地方政治の暗い未来を考えずにはいられない。

危機の始まり

日本の例は、暗い未来のモデルです。 2019年に日本で開催された「後期統一地方選挙」を見てみましょう。合計86の市長選挙で、なんと31.4%を占める27の市が投票権のない勝者を獲得しました。 少子高齢化、政治的無関心、紛争予防により、地方選挙への関心が低い状況では地方議会の存在が脅かされていると考えられています。


地方の絶滅と政治力の欠如の危機に瀕している日本の足跡をたどって、私たちの地域が続くのではないかと心配しています。 このように進めば、民主主義に逆らい、これまでに達成してきた民主主義の価値観を失う可能性があります。

代表的な民主主義では、選挙は最も神聖な行為です。 したがって、民主主義の花の比喩は重要です。 大韓民国のすべての権力は国民からのものであると述べている憲法第1条(2)に言及することなく、投票が正当性と権力の代表を保証する民主的なプロセスであることは誰もが知っています。

一方、候補者が投票できない「無投票選挙」は、選挙の価値を損なう深刻な結果である。 候補者を知らずに写真を撮る盲目の選挙の恐れを超えて、民主主義市民の基本的権利を奪ったのも政治的惨事です。

  

全体像を見てください

翌月1日に行われる第8回全国地方選挙の候補者登録2日目である13日、果川全国選挙管理委員会に掲示板が設置され、19日には選挙が迫っていることを告げる。13.5。 2022年
Ⓒ聯合ニュース

関連写真を見る

1980年5月の民主主義の危機に直面して不当に直面した市民が増加している時期です。21世紀の現在に生きる私たちには、民主主義を復活させる方法があります。 トーチを握る代わりに、あなたは票を投じています。

すでに投票権を剥奪された有権者に哀悼の意を表します。 しかし、私たちはこのように踏みにじられている私たちの基本的権利を単純に見ることはできません。 投票する候補者、さまざまな政党、他の部隊を含む比例代表選挙に細心の注意を払い、投票権の行使により積極的に参加してください。 「一票」の力は素晴らしいです。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。