妊娠中学生…40代の日本の政治家「赤ちゃんのお父さんが誰なのかわからない」











国民主権党代表平塚正幸
市議会議員Aさんの中学生娘Bさんに会う
ミスBは妊娠後に出産します
平塚は「赤ちゃんのお父さんが誰なのかわからない」と否定した。

妊娠中学生…40代の日本の政治家 "赤ちゃんのお父さんが誰なのかわかりません"

国民主権党代表平塚正幸。 (フラッシュキャプチャ)/写真= News1

[파이낸셜뉴스]
予防接種に反対し、マスクを着用した日本の政党の指導者は、妊娠していることが判明し、中学生の女の子を出産しました。

22日、ヤフージャパンやスマートフラッシュなどの日本の地元メディアは、日本の人民主権党の代表である平塚正幸(40)が児童福祉法と青年の健康開発条例に違反したとして調査されていると報じた。

ヒラツカは、2020年9月に人民主権党が主催したイベントに、元地方議員であるAの妻に連れて行かれた中学生の娘Bさんと出会い、交際を始めたと伝えられている。

ミスBは当時14歳で、人民主権党の熱心な支持者でした。 ミスBは平津川と付き合い始め、すぐに妊娠して出産しました。 日本では性交同意年齢が13歳であるため、平塚容疑者は逮捕されなかったとのことです。

これについて、日本の国会関係者は、「昨年12月に平塚の家が略奪されたのは、中学生が法違反の疑いで尋問されたためだ。子どもたちの幸福と健康に関する条例について」と述べた。若者の成長、彼女の子供を産む」。

以前、昨年12月、平塚は自宅の警察捜査を受けた。 「みんなを信頼しなさい」と彼はツイートした。「私は何も悪いことをしなかった」。

Aさんは平塚に怒りを表明し、「訴訟を含めた訴訟を検討している」と述べた。

平塚容疑者は地元メディアとの取材で、「警察の捜査には協力するが、弁護士を雇って、Aさんの周りの人がナンセンスになっている理由を答える」と述べた。

私はまだ子供を見ていません。「それから、18歳になったときに犠牲者と結婚するかどうか尋ねられたとき、彼女は「今は何も言えませんが、それは何も悪いことではありません」と答えました。

日本では、「そんな人が政治活動をするのは本当に怖い」「厳しい罰だ」などの批判が続いている。

theknight@fnnews.comレポーターチョンギョンス







Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。