尹NATO首脳会合での日韓首脳会談の可能性…世界の安全保障協力

「価値を共有する同盟国からの北朝鮮の質問への支持を確保する」…NATO代表部の設立を通じてネットワークを強化する
日韓首脳会談は不確実…29日と30日、韓国は最初のNATO首脳会合に参加する
金健熙が同行しているようだ…国際外交デビュー

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領は、スペインのマドリッドで29-30(現地時間)に開催されるNATO首脳会合に韓国の指導者として初めて出席する。

これは、22日午後、龍山(ヨンサン)大統領府で開かれた説明会で、国家安全保障局長の金城漢が述べた。

ユン大統領の出席は、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドの4つの「アジア太平洋パートナー」の指導者へのNATOの招待に続くものです。

他の3カ国の首脳も参加する意向を表明している。

キム長官は、韓国の指導者がNATO首脳会合に参加することの重要性を、自由民主主義に基づく連帯の強化、世界的な安全保障基盤の構築、新たな安全保障問題への効果的な回答の模索の3つのカテゴリーで説明した。

まず、「連帯の価値の強化」について、彼は次のように述べています。「NATOを構成する30の同盟国は、自由民主主義、法の支配、人権などの普遍的な価値観と規範を共有する私たちの伝統的な同盟国です。この点で、政府の立場を詳細に説明し、参加国から幅広い支持を得ることができるだろう」と述べた。

「世界の安全保障基盤の構築」については、「ユン大統領は、ウクライナ危機などの予測不可能な国際情勢の中で、NATO同盟国との世界的な安全網を構築する」と述べた。

特に、ウクライナの危機については、「世界のリーダーとしての役割を果たすためにすでに提供されている援助に加えて、ウクライナへのさらなる人道援助を発表する予定です」と付け加えた。

「新たなセキュリティ対応」のセクションで、彼は次のように説明しました。「情報共有、共同トレーニング、および新興技術、海上セキュリティ、サイバーセキュリティなどのセキュリティの新興分野で長い間研究を行ってきたNATOとの共同研究について話し合っています。」 。

これらの活動を支援するために、政府は、NATOの本部があるベルギーのブリュッセルにJunatoの代表を設立することを計画しています。

大統領府の関係者は、「これは、世界の安全保障の観点から、加盟国とパートナー国とのネットワークを拡大し、深めるのに役立つ」と述べた。 「NATO会議への韓国の参加を、反中国および反ロシア政策への大きな転換と解釈する必要はない」と述べた。

別の当局者はまた、「戦争が起こり、平和と自由が脅かされているので、それに直面することは反中国人であると言うことは論理の飛躍である」と述べた。

ユン大統領はまた、この会議で約10カ国と二国間協議を行う。

これにより、原子力発電所、半導体、新再生​​可能エネルギー、防衛産業などの二国間経済問題について話し合い、釜山での2030年世界博覧会の開催と原子力問題に関する協力に各国の協力を呼び込む予定です。

最も注目を集めている岸田文雄首相との最初の日韓首脳会談は、現在のところ不透明である。

しかし、二人の指導者がいわゆる「引き離し」の形で会話や話し合いを交わす可能性はまだあります。

大統領府の関係者は、日韓首脳会談について、「現時点では予測が難しい」と述べた。

別の関係者は、「私たちはまだその瞬間を待っている」と述べた。 「日本の政治的議題もあり、海外での重要な多国間協議を訪れた後、韓国と日本の間でより具体的な問題を交換する勢いがあると確信しています。」

二人の指導者は、NATOの会合で韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドの首脳会談で会合する機会を持つべきである。

日米首脳会談の可能性は開かれている。

日韓首脳会談について、大統領府の関係者は、「安全保障問題への協力に集中せざるを得ない。

これが韓国、米国、日本の安全保障協力の焦点では​​ないでしょうか?」

金総書記は、北朝鮮の第7回核実験の兆候を含め、朝鮮半島の深刻な治安情勢を考慮し、未解決の問題に対処するために今回の訪問を決定した。

代わりに、国家安全局の初代副長官であるキム・テヒョと外務大臣のイ・ムンヒがツアーを主導する。

NATO首脳会合に同行するユン大統領の妻キム・ゴンヒ問題について、大統領府は「公式配偶者プログラムへの参加を可能な限り検討している」と述べ、同行の可能性を示唆した。

/ユンハプニュース

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。