NATO直後のG20で韓国と日本の外相に会うのでしょうか。 強制労働に関する議論に注意してください

日本の選挙後に延期された外相会議は来月の多国間会議につながる可能性がある

来月7日と8日にインドネシアのバリ州で開催されるG20外相会議では、韓国と日本の最初の外相会議の開催の可能性に注目が集まっている。

朴仁外相の初訪問は、当初は今月に予定されていたが、来月の第10回衆議院選挙まで延期されたが、G20外相会議で韓国の外相と日本が対峙する可能性が早まった。 、多国間会議。

パク・ジン大臣は20日、インドネシアのルトノ・マルスディ外相と電話をかけ、G20外相会議への招待を受け入れた。

朴大臣はまた、G20外相会議に参加する各国の外相と積極的に二国間協議を行うことが期待されている。

特に、日本もG20の加盟国であるため、林芳正外相の立会いのもと、日韓外相会議が開催されることに関心が集まっている。

日本政府は、林外相が出席するかどうかをまだ公式に発表していませんが、参加する機会は前例に大きく影響します。

外務省の関係者は23日、記者団と会談し、林外相がG20に参加する可能性について、「彼はG20の重要なメンバーであり、ほとんどすべての外相が来たことを覚えている」と述べた。

韓国と日本の外相会議を調整するかどうかを尋ねられた彼は、「林外相が来れば、同時に(朴大臣と)同じ場所にいるので、そのような会議の可能性がある」と答えた。除外することはできません」。

韓国と日本の外相がG20外相会議で会合するならば、時間の経過とともに関係を改善するための勢いを継続することは重要である。

これは、スペインのマドリッドで開催されるNATO首脳会合でユン・ソクヨル大統領と岸田文雄首相が初めて会った直後に再会する外交部長のイメージになるためである。今月の29日から30日(現地時間)。 。

現在、韓国と日本の首脳が正式な会合を開くかどうかは不明であるが、少なくとも二人の首脳が様々な多国間および小規模の会合を通じて対面して会話を交わす可能性が高い。 。日韓関係について。

大統領府の関係者は前日、「韓国と日本の首脳は、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、韓国の(要約)集会所で3回以上会った(会うことができる)。日韓会議」。

現在、衆議院選挙に先立つ国内政治の敏感さを考えると、日韓関係の改善に関する議論が息を呑み始めているようだ。

韓国と日本の指導者間の綿密な対話は難しいが、彼らが関係を改善する意欲を交換するならば、政治的な勢いを加えることができる。

韓国政府はまた、日韓関係の改善の決定要因と考えられている強制労働のための日本企業による国内資産の清算の問題を解決するために行動を起こしている。

外相がG20で会合する場合、この問題は議論される可能性が非常に高い。

外務省は、参加スタッフの任命を含め、強制労働の補償の問題を議論するための官民組織の設立を準備していると伝えられている。

特に、今秋に予定されている収益が実現する前に、両国レベルでの外交的解決策を見つけるための具体的な対策が必要であるとの信念を持って、動きを加速させていると報じられている。

外務省当局者は、「被害者を含む当事者から意見を集めるためのさまざまな方法を考案しようとしている」と述べた。

NATO首脳会合の初日である今月29日から始まる金浦・羽田航空路の再開が、日韓関係の改善に向けた前向きな材料になるかどうかも興味深い。

同日、外務省の崔ヨンサム報道官も、定期的な説明会で、「必要に応じて、7月から徐々に便数を増やすための対策を講じる」と述べた。

しかし、一方的に韓国に流動性の解決策を求めた日本が、「韓国と日本の共通の利益を満たす合理的な解決策」を見つけるために積極的に協力するかどうかはまだ不明である。

NATO首脳会合では、日本は韓国との二国間協議よりも韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドとの三国間協議に積極的である。

二国間問題の議論を避けながら、これは日韓関係を改善したい米国の意識的な計算であり、韓国と日本が多国間協議の文脈で会い、協力することを示すことを意図していることを強調する。

/ユンハプニュース

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。