[Pick] 私たちの工場の英語名の「日本」、私はそれを削除しました

私たちの植物の主権を確保することは、それらが「韓国の植物」と呼ばれていることを世界に知らせることから始まります。




一部の在来植物の英語名から「日本」を削除しました。

山林庁本庁の国立樹木園は、28日に「朝鮮半島の在来植物の英語名リスト」の改訂版を発行する際に、過去に使用されたいくつかの在来植物の英語名から「日本」を削除しました。 3月1日の眺め。

これは、日本や他の国でしか植物として認められていない私たちの植物の固有名を見つけ、世界における生物の主権とその価値を促進するためです。

2015年に初版が発行されてから7年後に発行されたこの改訂版には、朝鮮半島に自生する新たに同定された450種を含む、合計3,915種の在来植物の英語名が含まれています。

これらのうち、20の英語名が「日本」から削除されました。

国立樹木園は、朝鮮半島が植物の流通の中心地であるにもかかわらず、日本の国名が含まれている、または日本でのみ指定されている植物名が、いくつかの国に広く分布しているにもかかわらず変更されたと説明した。

たとえば、以前は「日本のとげのあるアザミ」と書かれていた英語の名前が「韓国のとげのあるアザミ」に変更されました。 マルメロの木は「日本のイナゴ」から「東アジアのイナゴ」に変更されました。

朝鮮半島からの在来植物の捕獲(写真=国立樹木園の捕獲)
朝鮮半島からの在来植物の捕獲(写真=国立樹木園の捕獲)

以前、2015年の解放70周年を記念して、国立樹木園は「私たちの植物の主権を見つける」キャンペーンの一環として「朝鮮半島の英国在来植物のリスト」の発行を推進しました。

植物の名前は、植物の特徴の表現を超えて、植物の生態学的価値、それが成長する地域の歴史的重要性、そして国の文化を含んでいます。

私たちの植物の名前に深く浸透した日本の植民地時代の痛み

私たちの植物の名前は、朝鮮半島の辛い歴史を保存しています。

日本の植民地時代、韓国の多くの植物は日本の学者によって研究され、学界に報告され、意外にも彼らに日本の学名を与えました。

植物名には、学名、英語名、国名の3種類があります。国際的な約束であるため、一度設定した学名は変更できません。自由に変更できます。

2014年に名古屋議定書が発表されて以来、植物の主権に対する関心と重要性はますます高まっており、さまざまな方法で植物の主権の回復に取り組んできました。

今回発行されたカタログブックの改訂版は、私たちの植物のアイデンティティと生物学的主権を確立し、世界でそれらの価値を促進する上でも重要です。

国立樹木園は、このカタログを世界生物多様性情報機構(GBIF)と海外のミッションに配布する予定です。

国立樹木園長のチェ・ヨンテ氏は、「このカタログの発行は、日本や他の国に属すると長い間認識されてきた植物の名前を見つけ、私たちの在来植物について世界に知らせる機会になるだろう」と述べた。 。」

▶朝鮮半島の在来植物の英語名リストの改訂版 [PDF 내려받기]

朝鮮半島の在来植物名一覧(写真=朝鮮半島在来植物名一覧の取得)

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。