「なぜ日米運動を拒否したのか」と聞かれると…国防省は「議論しない」、外務省は「協力しなければならない」

日米両国は最近、三国間のハイレベル外交交渉で合同演習を提案したが、韓国が中国とロシアを挑発する恐れがあるとして拒否したというニュースが流れた。

国防省は、「これについては話し合わなかった」と述べ、これに気付いていないと述べた。 外務省は正確な回答をしなかったが、「三国間の安全保障協力は引き続きうまくいくはずだ」と別の声を上げた。

鄭義溶大臣は、日米外相会議での朝鮮半島海域での共同三国間演習を拒否する

ハンギョレは30日、「日米は2月から3月にかけての朝鮮半島の海域での三国間合同演習を繰り返し提案しているが、文在寅は-政府は同意しなかった」とハンギョレ紙は30日に報じた。

新聞によると、トニー・ブリンカーン米国務長官と林芳正外相は、現地時間2月12日にハワイのホノルルで開かれた日米外相会議で演習を提案した。チョン・イヨン外相。 同紙は、「鄭義溶長官がさまざまな理由で不満を表明した」と報じた。

11日の外相2人の電話で、ウェンディ・シャーマン国務副長官と森武雄副外相が別の三者共同演習を提案したが、崔ジョングン外務副長官は再び悲しみを表明し、傲慢に解雇された。新聞は言った。

同紙は、外交筋が「31日にハワイで開かれる日韓合同首席会議で日米両国が三国間演習を再開する可能性がある」と述べたと報じた。

日米は「北朝鮮と戦う意欲を示す」ことを提案している…文政府は「中国とロシアの支配を懸念している」

新聞によると、日米は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射などの軍事的挑発に直面して対応する強い意志を示さなければならない。 共同トレーニングが提案されました。

同紙は、チョン首相と崔副首相が、中国とロシアを刺激する可能性があるとして、朝鮮半島近くの海域で日米合同演習を行うことを拒否したと解釈した。

ある外交筋は、「日米共同三者対話の最近の提案は、北朝鮮も北朝鮮であるというものであるが、実際には、中国だけでなくロシアも封じ込めようとしていることを理解すべきだ」と述べた。 “。 情報筋は続けた:「文在寅政権は合同三国間演習を実施しない」。

国防省「自衛隊の海域での訓練すら想像できない」…外務省は「三国協力にとって重要」と述べている。

朝鮮半島海域での日米合同演習の実施について議論があったかとの質問に対し、国防省は31日、「そのような議論はなかった」と回答した。 彼は私たちの海で訓練するべきではありません。」

防衛省当局者は、「韓国、米国、日本は北朝鮮との対抗策や安全保障協力に取り組んでいるが、韓米合同演習については議論されていない」と強調した。

鄭長官と崔副首相が日米合同訓練案を拒否したかどうかを外務省が確認することすら拒否した、とニュース1は報じた。

外務省の関係者は、「外交交渉の内容を外に明かすことは難しい」と述べた。 「韓国、米国、日本は、北朝鮮の核とミサイルの脅威に対応する上で安全保障協力が重要であるという認識を共有しており、さまざまなレベルで協力を続けてきた。」

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。