「強制動員」なしで、日本の「鉱山佐渡」アプリケーションはプッシュされました

◀もう一度▶

日本政府は、佐渡金山の世界遺産登録申請を行うことを決定しました。

軍艦も同じでしたが、日本占領期の強制動員の現場だったという事実は省くことにしました。

私たちの政府がそれに反対しているので、それが実際に上場されるかどうかはわかりません。

特派員のコ・ヒョンスンが東京から報告します。

◀レポート▶

日本の岸田首相は、教育・文化・スポーツ・科学技術・外務大臣との最終協議を経て、佐渡金山をユネスコ世界遺産に申請すると発表した。

[기시다 후미오/일본 총리]
「それは素晴らしい文化遺産であり、今年の申請書の提出は登録への近道であると確信しています。」

19世紀以前の江戸時代の金銀山の遺跡と、近代以降の朝鮮人の強制動員に関連する建造物がリストされています。

歴史的事実を隠すのはトリックです。

このため、先月、文化評議会は韓国の反発を恐れて政府に最終決定を下したが、政府は最終的に登録申請を強制した。

日本政府はかつて需要を抑えることを検討したが、右翼は強く反対した。

安倍首相はソーシャルメディアで「韓国との歴史的戦争」という言葉を動員し、自民党の主要メンバーは「日本の名誉が危機に瀕している」と言ってそれを押し付けた。

[다카이치 사나에/자민당 정조회장]
「ユネスコの専門家にも明確に説明する必要があります。これは日本国民の名誉の問題です。」

参議院選挙も7月に予定されていることから、政治的判断が一役買った可能性があると分析されている。

日本政府は来月の第1月閣僚会議で正式に勧告の承認を決定する予定であるが、ユネスコの審査に合格するかどうかは不明である。

これは、ユネスコ世界遺産委員会が実質的に全会一致で運営されており、昨年7月に、候補者を提出する前に締約国間の対話を促すガイドラインを採択したためです。

韓国政府は、「強制労働を世界遺産に登録する試みをやめるよう強く要請する」と発表し、韓国の日本大使館の職員を招集することを決定した。

「戦艦島」以降、日本の歴史を否定し隠そうとする試みが繰り返され、韓国と日本の関係は最悪の事態に達すると予想されている。

東京のMBCニュースのヒョンスンコです。

ビデオ取材:イ・チャンシク、キム・ジンホ(東京)/ビデオ編集:イ・サンミン

MBCニュースは24時間あなたの報告を楽しみにしています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトークレポート@mbc

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。