コラム:社説コラム:ニュース:ハンギョレモバイル

ウクライナの首都キーウにあるテレビ放送塔は、1日(現地時間)にロシア軍に爆撃された後、炎に包まれました。 Kiiwu/ロイター聯合ニュース

[특파원 칼럼] キム・ソヨン| 東京特派員

先月の24日、ロシアはウクライナを侵略しました。 日本では、ウクライナの状況は、放送局、新聞、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を介してリアルタイムで提供されます。 自分の目で見ても信じられない。 数週間前、ウクライナでの戦争の可能性が提起されたとき、彼らの周りのほとんどの日本人の反応は「たぶん」でした。 期待は打ち砕かれ、戦争は一週間以上続いています。 英国の主要な研究所のアナリストは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が1年以上にわたってウクライナへの侵攻を慎重に計画していたことも発見しました。 ウクライナが直面している日本の状況は非常に複雑です。 ウクライナでの戦争は、兵器の拡大にとって「脅威」であり、「不安」であり、「正義」でもあります。 日本の岸田文雄首相は、「ロシアの侵略は、ヨーロッパやアジアを含む国際社会の基盤を揺るがす」と述べ、ウクライナの侵略を強く非難した。 彼は言葉にとどまらなかった。 G7に沿って、日本はプーチンの資産の凍結を含む制裁をロシアに課すために迅速に動きました。 日本は、東アジア自体の韓国よりもウクライナの危機への取り組みにはるかに積極的です。 日本は千島列島最南端の四島(日本では北方領土と呼ばれる)の問題など、ロシアとの間に未解決の問題を抱えているため、関係の違いに注意を払っていたが、現在は異なっていると考えられている。 千島列島問題の進展の欠如が一因となった可能性があるが、ウクライナの危機は国の外交と安全に大きな波及効果をもたらしていると認識されている。 ロシアが一方的に現状を変えることを許されれば、国際秩序は揺らいで、中国は苦しむだろう。 日本は、米中戦略紛争の最前線である台湾海峡と、中国と日本の領土問題の領域である尖閣諸島(中国語名:釣魚諸島)で中国と対峙しています。 ロシアのウクライナ侵攻は、中国も軍事行動に関与する可能性があることへの懸念を助長している。 日本人は心配している。 先月25日と27日に行われた電話調査(992人の回答者)に続いて、回答者の77%は、ロシアの侵略の余波で中国が台湾に対して武力を行使できると信じていました。 懸念はすべての年齢層で高かった。 この雰囲気を利用して、極右の自民党議員たちは「武器拡大」の声を上げている。 その間タブーだった「ニュークリアシェアリング」の話さえありました。 安倍晋三前首相は最近日本のテレビ番組に出演し、日本は一部のNATO加盟国が採用している「ニュークリアシェアリング」政策についても話し合うべきだと述べた。 ニュークリアシェアリングとは、米国の核兵器をその領土内に配備し、それらを共同で機能させることによって抑止力を拡大する戦略を指します。 自民党には、公然と合意している極右議員もいる。 一方で、ウクライナ戦後の日本への負担の増大を懸念する声もあります。 軍事・経済分野における中国の台頭、権威国である中国とロシアの緊密な協力、そして国際社会における米国の影響力の低下は、日本が負わなければならないシェアを増大させるだろう。 今のところ「ニュークリアシェアリング」を実現することは容易ではないが、日本政府が今年積極的に推進している敵基地への攻撃力や国防予算の拡大は大きな勢いを期待している。 文字通り「先制攻撃」を意味する日本の敵基地への攻撃は、中国と北朝鮮を前提としているため、朝鮮半島の軍事的緊張は高まるだろう。 東アジアでの武力紛争の可能性は、平和の可能性よりもさらに大きいようです。 私たちが住んでいる東アジアにとって、ウクライナでの戦争ができるだけ早く平和的に解決されることも重要です。 dandy@hani.co.kr

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。