シャーマン、ヒトラー、嫌いな投票…外国メディアに見られる韓国大統領選挙

NYT、ガーディアン、NHKなど彼らは韓国の選挙に注意を払っている
「厳しい戦いでの選挙の行列…勝利または敗北を予測することは困難です」。

20回の大統領選挙の投票率が80%を超えるという事実に関心が集まっている一方で、主要な外国メディアも韓国の大統領選挙の状況についてすぐに報道し、大きな関心を示した。

ニューヨークタイムズの「不利な選挙…」幻滅した有権者」

New York Times(NYT)は、2人の候補者のキャンペーンが汚職と家族の問題で汚染されており、相互の誹謗中傷が重要な問題として浮上していると報告しました。 彼は、競争が激しいと言って、最後の最後まで勝者を判断するのは難しいと言いました。

彼はまた、これらの選挙は「不利な選挙」と呼ばれ、有権者は深い幻滅をもって投票所に行くだろうと診断した。 彼はまた、有権者の言葉を伝えました:「嫌悪者間の競争」と「より少ない悪のための選挙」。

メディアは、北朝鮮の政治を例に挙げて、有権者の決定に影響を与える主な要因として「文在寅政権の格付け」を挙げた。 同紙は、月政権の代表的な政治目標として「北朝鮮との対話と協力を通じて平和の雰囲気を作り出す」と述べた。 続けています: “[Il presidente Moon]ドナルド・トランプ前米大統領と北朝鮮の金正恩首相との会談をなんとか手配したが、北朝鮮の核計画に実質的な進展をもたらすことができなかった。 貴重な外交エネルギーの浪費に対する批判もある」と述べた。

李在明(イ・ジェミョン)大統領候補については、「労働組合活動家」であり「人権弁護士」であると強調し、京畿道の市長兼知事として名声を博した人物として紹介した。 それから彼は、李氏が文在寅大統領の平和構築政策を受け継ぐだろうと予測した。

尹錫淳(ユン・ソクヨル)大統領候補は、三星(サムスン)グループの首長と2人の元大統領の賄賂容疑で重要な役割を果たした元検察官だと述べた。 その後、文在寅大統領への公然たる批判を通じて政治的地位を高めたと評価された。 外交については、ユン候補が北朝鮮を「主な敵」と呼んでいると指摘した。 彼は「先制攻撃」について言及し、それは保守的な長老たちの見解を反映していると述べた。

ガーディアン:「選挙後の後遺症を克服するのは難しいだろう」

英国の新聞TheGuardianは、「シャーマン、ヒトラー、そして相互の憎悪:韓国人は有毒な選挙に投票する」というタイトルの記事を報じました。 メディアは、この選挙を名誉毀損と憎悪に満ちた選挙と表現し、「イカゲーム」に例えることができると述べた。 「韓国人は激しい選挙で投票所に向かっている」と彼は言った。

彼はまた、選挙後の後遺症を克服することは容易ではないと述べた。 両候補モードが政権を握ったときは、相手に対する政治的報復を受け入れないと述べたが、選挙後も前のステップが続くとの意見も多い。

日本のメディア「影響を受けた日韓関係… 2030年は左右に勝つか負ける」

日本のメディアはまた、日韓関係に影響を与える次の韓国大統領を検討し、彼を非常に重要視した。

NHKは、両候補者は日本との関係を改善する必要があると述べたが、イとユンは日本に対して異なる態度を示したと述べた。

ユン候補については、「日本が過去の歴史を真摯に受け止めているとは思えない」など、日本に対する厳しい発言が見られる。「ユン候補については、態度に違いが見られた。 。日本に向けて、反日動揺を扇動するだけでは国際社会の変化に抵抗できないことを強調する」。

朝日新聞は、2人の候補者が若者の支持を増やすという目標を設定し、多くの変動するグループを持つ20歳から30歳までの投票率が結果を決定すると信じていると報告しました。 メディアは次のように述べています。「2人の主な野党大統領候補は効果的に戦っています。

[김지영 디지털뉴스 기자 jzero@mbn.co.kr]

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。